« 最近の仕事(決戦前夜…「む、むりです~」) | トップページ | [TUR] リュシュトゥ、ベジクタシュへ移籍 »

2007/06/17

[F1 2007] Round 07 アメリカGP

 激しいレースもアクシデントもなく、淡々と時間だけが過ぎていった感じ。4強がグリッド通りの成績って
事は動きのないレースだったって事。実力通りの決勝レースって事で若干退屈だったかな。

●レース結果
   1   2  L.ハミルトン      マクラーレン・メルセデス  1:31'09.965 73  201.401  1
   2   1  F.アロンソ        マクラーレン・メルセデス  1:31'11.483 73  201.345  1
   3   5  F.マッサ          フェラーリ                1:31'22.807 73  200.929  1
   4   6  K.ライッコネン    フェラーリ                1:31'25.387 73  200.834  2
   5   4  H.コバライネン    ルノー                    1:31'51.367 73  199.888  1
   6  12  J.トゥルーリ      トヨタ                    1:32'16.668 73  198.974  3
   7  15  M.ウェーバー      レッドブル・ルノー        1:32'17.296 73  198.952  4
   8  10  S.ベッテル        BMW                       1:32'17.748 73  198.936  8
   9   3  G.フィジケラ      ルノー                    1:31'44.282 72  197.403  8
  10  17  A.ブルツ          ウィリアムズ・トヨタ      1:32'11.721 72  196.424 10
  11  23  A.デビッドソン    SUPER AGURI Honda         1:32'13.434 72  196.363 11
  12   7  J.バトン          Honda                     1:32'23.277 72  196.015 12
  13  19  S.スピード        STRフェラーリ             1:31'17.333 71  195.619 13
  14  20  A.スーティル      スパイカー・フェラーリ    1:31'19.396 71  195.546 12
  15  21  C.アルバース      スパイカー・フェラーリ    1:31'16.671 70  192.887 15
  16  16  N.ロズベルグ      ウィリアムズ・トヨタ      1:25'59.466 68  198.896  4
  17  18  V.リウッツィ      STRフェラーリ             1:27'31.379 68  195.415 11
      9  N.ハイドフェルド  BMW                       油圧系      55  199.297  4
     22  佐藤琢磨          SUPER AGURI Honda         スピン      13  192.906 14
     14  D.クルサード      レッドブル・ルノー        アクシデント 0    0.000  -
     11  R.シューマッハ    トヨタ                    アクシデント 0    0.000  -
      8  R.バリチェッロ    Honda                     アクシデント 0    0.000  -

●グリッド
    予選はハミルトン、アロンソ、マッサ、ライコネン、ハイドフェルド、コバライネン、ベッテルの順

●スタート~第1スティント
   アロンソが後方について激しく車を振るがどうにかハミルトンが押さえる。ベッテルがコースオフして
  復帰したものの順位を下げる。ライコネンも順位を落とす。1周目の順位はハミルトン、アロンソ、マッサ、
  ハイドフェルド、コバライネン、ライコネン、トゥルーリ、フィジケラ、ウェーバーの順。後方で接触が
  あり、クルサード、バリチェロ、ラルフがリタイア。14周目、佐藤がスピンしてリタイア。

●ピットイン1回目
  20周目、ハミルトン(8.8S)、マッサ(8.7S)、ハイドフェルド(7.7H)、21周目、アロンソ(7.6S)、
 24周目ライコネン(7.8 )、ベッテル。26周目コバライネン(6.8S)。37周目の時点でハミルトンとアロンソ
 の差は0.7秒。アロンソがスリップに入るも抜けず。

●ピットイン2回目
  47周目コバライネン(8.1H)、48周目ハイドフェルド(6.9H)、50周目アロンソ(6.5H)、51周目ハミルトン
 (7.1H)、ライコネン(-.-S)、51周目マッサ(7.1H)、結局順位が変わらず、ハミルトン、アロンソ、マッサ、
  ライコネンの順。ロズベルグがエンジントラブルでリタイアしたことで、5位コバライネン、6位トゥルーリ、
  7位ウェーバー、8位ベッテルが入賞。クビサの代役で出場したベッテルはデビュー戦での入賞となった。

|

« 最近の仕事(決戦前夜…「む、むりです~」) | トップページ | [TUR] リュシュトゥ、ベジクタシュへ移籍 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/15473973

この記事へのトラックバック一覧です: [F1 2007] Round 07 アメリカGP:

» F1アメリカGP [とりあえず書いとく!?]
 アクシデントもバトルもマシントラブルもなく、ハミルトンがトップを譲ることなくチェッカー。新人なのにかわいげがないねぇ(笑) フェラーリの逆襲はいつだろう… [続きを読む]

受信: 2007/06/24 00:00

« 最近の仕事(決戦前夜…「む、むりです~」) | トップページ | [TUR] リュシュトゥ、ベジクタシュへ移籍 »