« [Serie A 06/07] 第31節結果 | トップページ | [TV] ハヤテのごとく #02 »

2007/04/08

[PL06/07] #32 チェルシー v トットナム

 内容はチェルシーの勝ち、というかトットナムってどうしてチェルシー相手だと駄目かねぇ…。

●スタジアム
    スタンフォード・ブリッジ    ロンドン

●試合結果
    チェルシー 1 - 0 トットナム  Att: 41864

●審判
    ロブ・スタイルズ

●スタメン

チェルシー
                21 カルー         11 ドログバ         

    12 ミケル                                   24 Wフィリップス

              08 ランパード     04 マケレレ

    18 ブリッジ   26 テリー   06 カルバーリョ   20 フェレイラ

                          01 チェフ

    サブ:
        40 イラリオ   07 シェバ   10 コール   13 バラック   19 ディアッラ
    監督:
        ジョゼ・モウリーニョ

トットナム
                  18 デフォー             11 ミド

                          15 マルブランク

            14 ガリー                   08 ジェナス

                          06 ターニョ

    02 シンボンダ   33 ローシャ   20 ドーソン   07 スタルデリ

                          01 ロビンソン
    サブ:
        12 ケルニー   04 ゾコラ   09 ベルバトフ   19 タアバト   29 イフィリ
    監督:
        マルティン・ヨル

●試合展開(前半)
  01  CHE    :SWP右クロス→ドログバ中                            ※あわず
  04  CHE SB  :中FK:ランパードS                                    壁
  08  CHE S    :SWP右クロス→こぼれ→カルー中BS                  ※枠上
  17  TOT ▲YC:ガリー、ブリッジを引っ張る                        CARD▲ガリー
  18  CHE S    :左FK:ランパード→                                    GKキャッチ
  19  CHE       :左クロス→                                              GKキャッチ
  22  CHE SOG:右CK:ランパード→カルバーリョ中HS                  GKキャッチ
  24  CHE       :左クロス                                                ボールデッド
  26  CHE S    :ブリッジ左クロス→ランパード中落S                      GKキャッチ
  28  CHE       :SWP中クロス                                          GKキャッチ
  32  CHE S    :SWP中ドリブルS                                      枠右
  36  TOT       :ターニョ中スルーP                                      GKキャッチ
  39  CHE SB  :中FK:→ランパード中S                                DFブロック(CK)
  39  CHE SOG:カルバーリョ左S                                      ☆GKセーブ
  41  TOT       :シンボンダ左クロス→ミド                                DFクリア
  44  TOT SB  :ジーナス中ドリブルMS                                  DFクリア(CK)

●前半コメント
    チェルシーが一方的に攻める展開ながら、枠内シュートは2本、決定的なシュートは39分の
  カルバーリョのシュートのみ。ロビンソンとスパーズのDFラインにうまく守られた印象か。
  SWPがやや下がり気味でボールを受けてクロスやドリブルをするシーンが目立ったが、
  シュートには結びつかず。ランパードが何度か前線に飛び出してシュートを放ったものの、
  ドログバ、カルーにほとんどボールが入らないのは問題。Wフィリップスは、かなり中に入った
  位置でプレイするシーンが多い。チーム戦略ならば問題ないが、外にいた方が持ち味が出せると
  思うのだが…。
    ただし45分でシュート1本に終わったスパーズの方が問題。ミド、デフォーがほとんど仕事が
  出来ず、左サイドのシンボンダが何度かクロスをあげたのみ。CKやFKを取るほど攻めれない
  のようでは、勝利は望めない。
                    G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     チェルシー   0     6     2     7     5    54     0     0
      トットナム   0     2     0     2     6    46     1     0

●試合展開(後半)
  49  CHE    :中FK:ランパード→テリー、エリア内で倒れる            笛無し
  50  TOT SOG:シンボンダ左クロス→ガリー右返→ミド中HS            ☆GKセーブ
  51  TOT       :ジーナス左ドリブル、クロス                              GKキャッチ
  52  CHE SOG:カルバーリョ中ドリブルミドルS                    GOAL★CHE 1-0 TOT
  53  TOT       :左クロス                                                DFブロック(CK)
  54  CHE SOG:SWP中スルーP→ドログバ右クロス→カルー中S        ☆GKセーブ
  58  CHE       :カルー左スルーP→ブリッジ                              あわず
  61  CHE SOG:ドログバ中ドリブルs                                  ※GKセーブ
  63  TOT SOG:デフォー中ミドルS                                    ※GKセーブ
  65  TOT 交代1:ターニョ(OUT)、ターラブト(IN)
  65  ---       :交代表示板が電光ではなく、黄色い板。壊れたかな?
  66  TOT SOG:ターラブト中ミドルS                                  ☆GKセーブ(CK)
  67  CHE       :SWP中クロス→カルー左HS                            オフサイド
  68  TOT       :ガリー中→デフォー左                                    ハンド
  69  CHE S    :右CK:ランパード→カルバーリョ中HS                  GKキャッチ
  69  TOT 交代2:ミド(OUT)、ベルバトフ(IN)
  71  CHE 交代1:Wフィリップス(OUT)、バラック(IN)
  72  TOT       :ターラブト右クロス                                      DFブロック(CK)
  74  CHE 交代2:カルー(OUT)、シェバ(IN)
  81  TOT 交代3:ジーナス(OUT)、ゾコラ(IN)
  82  TOT SOG:左FK:ゾコラ→ベルバトフ中HS                      ☆GKセーブ
  83  CHE 交代3:ミケル(OUT)、コール(IN)
  84  CHE S    :ドログバ中OHS                                        枠上
  +1  TOT S    :ベルバトフ中BS                                        GKキャッチ
  +5  CHE ▲YC:コール                                            CARD▲コール
  +5  CHE ▲YC:ドログバ、抗議                                    CARD▲ドログバ

●後半コメント
    後半開始直後、攻めに出たスパーズだがミドのヘディングはチェフに阻まれる。その後、
  デフォーやターラブトのミドルSがあったものの、ゴールを脅かすことは出来ず。ベルバトフを
  投入してからは、彼がパスを受けて強引にシュートを打つシーンがあったものの、DFにうまく
  押さえられた印象。チェフも決定的なシュートを3本防ぐなど存在感を見せ、8試合連続のクリーン
  シートに貢献した。後半に入りWフィリップスの存在感は消えたが、ブリッジは時折見せる前線
  へのあがりや守備でいい味を出していた。また、右サイドのフェレイラも、攻撃面では課題が
  残るが、守備に関しては及第点と言っていいだろう。守備力のある選手の復調は、チームにとって
  心強いところ。
    一方のスパーズも、木曜日にスペインでUCを戦ってからの試合という点を考慮すれば健闘
  したと言えるだろう。ただ、ベルバトフが入るまでは決定機がミドのヘディングのみという状況は
  前線の層の薄さを感じさせる。ロビンソンは何度も決定的なシュートを阻んだが、カルバーリョの
  ミドルシュートにしてやられた。それでもシュート数やスタッツ、決定機の数を考えれば、
  チェルシーの順当な勝利と言えるだろう。
                    G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     チェルシー   1    11     8    12    13    52     2     0
      トットナム   0     6     6     7    11    48     1     0

|

« [Serie A 06/07] 第31節結果 | トップページ | [TV] ハヤテのごとく #02 »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事