« [TV] ひとひら #02 | トップページ | [VAL] ビセンテ太股負傷、全治1ヶ月 »

2007/04/04

[CL06/07] B08#L1:チェルシー v バレンシア

 しびれるいい試合でした。
●スタジアム
    スタンフォード・ブリッジ    ロンドン
    気温:10度    湿度:40%    ピッチ:乾燥    天候:晴ときどき曇

●試合結果
    チェルシー 1 - 1 バレンシア

●主審
    フランク・デ・ブリーカー(BEL)

●スタメン

チェルシー
      21 カルー       11 ドログバ     07 シェフチェンコ

            08 ランパード             13 バラック

                          12 ミケル

    03 A・コール    26 テリー(C)    06 カルバリョ   19 ディアラ

                            01 P・チェフ
    サブ:
        23 クディチーニ   04 マケレレ   09 ブラルズ   10 J・コール*Y   18 ブリッジ
        20 フェレイラ     24 ライト・フィリップス
    監督:
        ジョゼ・モウリーニョ

バレンシア
                            07 ビジャ

      14 ビセンテ           21 シルバ       15 ホアキン

                  06 アルベルダ(C)    20 アルビオル   

    03 デル・オルノ   24 モレッティ   04 アジャラ     02 ミゲル

                              01 カニサレス
    サブ:
        25 ビュテル   10 アングロ*Y   16 ウーゴ・ビアナ   18 ホルヘ・ロペス
        23 クーロ・トーレス   28 ナチョ・インサ    31 パジャルド
    監督:
        キケ・サンチェス・フローレス

●試合展開(前半)
  02  VAL S  :ビジャ中ドリブルS                                      枠上
  03  CHE       :コール左ドリブル、クロス→ドログバ                    ※あわず
  08  VAL       :ビセンテ左クロス                                        DFブロック(CK)
  10  CHE SOG:シェバ→カルー中S                                    ☆右ポスト
  12  VAL S    :シウバ中→ビジャ左S                                  ※枠左
  13  CHE       :右クロス→ドログバ                                      オフサイド
  14  CHE       :バラック右ドリブル、クロス                              DFクリア(CK)
  17  VAL S    :アルビオル中ミドルS                                    枠右
  21  VAL S    :ホアキン中→シウバ中BS                              ※枠左
  22  VAL S    :デルオルノ中ミドルS                                  ※GKキャッチ
  24  CHE       :左CK:ランパード                                      GKキャッチ
  25  CHE S    :ランパード右ミドルS                                    枠上
  26  CHE       :ランパード中フィード→シェバ                            あわず
  28  CHE       :バラック右クロス→カルー                                あわず
  30  VAL SOG:シルバ左ドリブルMS                              GOAL★CHE 0-1 VAL
  35  CHE ▲YC:シルバ、バラックにファール                        CARD▲シルバ
  32  CHE SOG:中FK:ドログバS                                      GKキャッチ
  36  CHE       :フィード→ドログバ左→シェバ                            DFクリア
  37  CHE       :右クロス                                                GKセーブ
  37  CHE S    :コール左クロス→ランパード中HS                        枠上
  39  VAL       :ホアキン右クロス                                        DFクリア(CK)
  42  VAL SB  :ミゲル右ミドルS                                        DFブロック
  44  VAL ▲YC:アルベルダ、コールを倒す                          CARD▲アルベルダ
  45  CHE S    :左FK:→バラック中HS                                枠右
  +1  CHE       :左→ドログバ右BS                                      枠上
  +2  CHE ▲YC:ドログバ、アルビオルを倒す                        CARD▲ドログバ

●前半コメント
    予想に反して双方が積極的に攻める展開の中、バレンシアがビジャのロングシュートで先制した。
  バレンシアは中盤からサイド、シルバに出すことで攻撃の形を作ったが、ビジャはうまく押さえ
  られているだけに、シルバ、ホアキン、ビセンテの活躍が鍵になる。その意味でシルバの先制ゴール
  は大きい。
    一方のチェルシーは先制されてからは、ドログバにフィードを入れて、その落としを中盤が拾う
  形で、攻撃の形を作った。ただし、序盤にAコールがサイド突破を試みた時の方が、シェバも絡んで
  いい形の攻撃を出来ていただけに、攻め急ぎの感は否めず。
                     G     S   SOG    SV    CK   OFF   POS     F    YC    RC
      チェルシー     0     7     2     1     2     2    59     9     1     0
      バレンシア     1     5     2     1     4     0    41    11     2     0

●試合展開(後半)
  46  CHE    :ディアラ右クロス→カルー中                            ※S出来ず
  50  CHE       :コール左クロス→カルー                                  あわず
  52  CHE       :右FK:ランパード→                                    あわず
  53  CHE SOG:コール左フィード→ドログバ中HS                  GOAL★CHE 1-1 VAL
  55  VAL       :ホアキン右ドリブル                                      GKキャッチ
  56  VAL       :ビセンテ、足を痛めて倒れる
  58  VAL 交代1:ビセンテ(OUT)、アングロ(IN)
  58  CHE       :ランパード→ドログバ                                    オフサイド
  60  CHE S    :ドログバ→ランパード中S                                枠左
  62  VAL       :ミゲル右クロス→                                        あわず
  66  CHE       :ディアラ右クロス                                        GKキャッチ
  69  CHE       :ランパード→シェバ右T                                  DFクリア(CK)
  70  CHE SB  :シェバ中ミドルS                                        DFブロック
  72  VAL ▲YC:アジャラ、シェバを蹴る                            CARD▲アジャラ
  73  VAL       :ビジャ、足を押さえて倒れている→治療後復帰
  74  CHE 交代1:ミケル(OUT)、Jコール(IN)
  74  CHE 交代2:カルー(OUT)、Wフィリップス(IN)
  79  CHE S    :右FK:ランパード→カルバーリョ中HS                  枠上
  83  VAL S    :アングロ中ミドルS                                      枠上
  84  CHE SB  :左CK:ランパード→カルバーリョ右S                  ☆DFブロック
  84  CHE SOG:こぼれ→シェバ中OHS                                ☆DFクリア(CK)
  86  CHE ▲YC:ディアラ、アングロを妨害                          CARD▲ディアラ
  87  VAL 交代2:ホアキン(OUT)、ヴィアナ(IN)
  88  CHE       :コール左クロス→ドログバ中落                            DFクリア
  90  VAL       :ビジャ右クロス                                          GKキャッチ
  +1  CHE       :Jコール左クロス                                        GKキャッチ
  +3  VAL 交代3:ビジャ(OUT)、ロペス(IN)

●後半コメント
    53分、相手ゴールキックのボールをコールが前線にフィード、それをドログバが頭で押し
  込んで同点、その後も激しく攻めたが、バレンシアのゴールを割れずに1対1のスコアドロー
  で終わった。
    チェルシーは後半からロングボールを意識的に多用、中盤を省略してドログバにボールを当て、
  それをシェバとカルー、ランパードが拾う展開でチャンスを作った。また、セットプレイで
  カニサレスとDFラインの間を突くことで決定的なチャンスを作った。堅固なバレンシアDFの
  粘りで追加点こそ奪えなかったが、相手のウィークポイントは掴めたはず。未だにチームに
  なじめないバラック、コンディションに不安を抱えるJコール、マケレレ、エッシェンなどの
  不安はあるが、この日の試合で勝機は見えたと言える。勝ち上がりのためにゴールが必要なだけに
  今日同様攻撃的な試合を見せてくれるはず。
    一方のバレンシアは、シウバのゴールをうまく守りきったと言える。ドログバにゴールを許した
  のこそ誤算だったが、その後はチェルシーの攻撃をどうにかしのぎ、84分の決定機もDFのブロック
  でどうにかしのいだ。ただ、チェルシーを90分間無得点に押さえるのは至難のワザ、その意味でも
  モリエンテスの復帰が待たれるところ。ホアキンはスーパーサブとして後半に使う形の方が、
  現状では望ましいだろう。スコアレスドローなら勝ち抜けるが、攻めの気持ちを持って試合に
  入らないと、厳しい試合になるだろう。
                     G     S   SOG    SV    CK   OFF   POS     F    YC    RC
      チェルシー     1    14     3     1     7     6    56    12     2     0
      バレンシア     1     7     2     1     5     0    44    19     3     0

|

« [TV] ひとひら #02 | トップページ | [VAL] ビセンテ太股負傷、全治1ヶ月 »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事