« [PL06/07] #31 リバプール v アーセナル | トップページ | [ROM] トネット左太もも負傷、全治1ヶ月 »

2007/03/31

[PL06/07] #31 マンU v ブラックバーン

 タイトルを決めた試合、という位置づけになりそうな気がする。このまま行けばね。

●スタジアム
    オールド・トラフォード    マンチェスター
    気温:13度    湿度:58%    ピッチ:乾燥    天候:晴れ

●試合結果
    マンU 4 - 1 ブラックバーン   Att: 76098

●審判
    クリス・フォイ

●スタメン
マンU
                    11 ギグス       08 ルーニー

    07 ロナウド     16 キャリック   18 スコールズ   13 パク

    04 エインシェ   15 ビディッチ   05 リオ         06 ブラウン

                            01 Vサール
    サブ:
        29 クスチャク   14 スミス   20 スールシャール   22 オシェイ
        23 リチャードソン
    監督:
        アレックス・ファーガソン

ブラックバーン
                  10 マッカーシー   27 ダービーシャ

    12 ペデルセン     15 モコエナ   05 ケリモグル   19 ダン

    22 ウォーノック   06 ネルセン   21 サンバ       07 エマートン

                          01 フリーデル
    サブ:
        13 エンケルマン   09 ノンダ   16 アンショズ   30 ロバーツ   31 ピーター
    監督:
        アラン・ヒューズ

●試合展開(前半)
  02  BLA S  :マッカーシー中ミドルS                                  枠上
  08  MAU S    :ロナウド中ミドルS                                      枠左
  10  BLA       :右クロス                                                あわず
  14  BLA SOG:中FK:ペデルセンS                                    GKキャッチ
  15  MAU SOG:ロナウド中ミドルS                                    ※GKセーブ
  15  MAU SOG:こぼれ→ルーニー右S                                  ☆GKセーブ(CK)
  19  BLA       :マッカーシー左クロス                                    DFクリア(CK)
  21  MAU S    :中FK:ロナウドS                                      枠上
  22  BLA       :ペデルセン左クロス                                      DFクリア
  24  BLA       :左FK:→右H                                          DFクリア
  24  MAU SOG:キャリック中→ルーニー中S                            ☆GKセーブ(CK)
  26  MAU       :ビディッチ肩から落ちる→担架で退場
  28  MAU 交代1:ビディッチ(OUT)、オシェイ(IN)   ブラウン左CBへ
  29  BLA SOG:ペデルセン左クロス→ダービーシャ中S              GOAL★MAU 0-1 BLA
  32  MAU SB  :ロナウド右ドリブルS                                    DFブロック
  34  MAU S    :ロナウド中ミドルS                                      枠右
  37  MAU       :右FK:ギグス→                                      ※あわず
  38  BLA S    :ペデルセン中ロングS                                    枠左
  41  MAU S    :ギグス中S                                              枠左
  44  BLA ▲YC:ダン                                              CARD▲ダン
  45  MAU       :右→キャリック                                          S出来ず
  +2  MAU       :キャリック中→ルーニー中S                              オフサイド
  +3  MAU SB  :エインシェ左クロス→スコールズ中S                    ※DFブロック(CK)

●前半コメント
    攻撃機会では圧倒的に上回ったマンUは、ロナウド、パクがサイドでボールをキープしクロスを
  あげる形を何度も作ったが、ブリーデルを筆頭に気持ちの入ったDFで、マンUのシュートを
  防ぎまくった。そしてペデルセンの左からのクロスがこぼれたところをダービーシャが押し込んで
  先制。ただし、これで守りきれるほどマンUは柔なチームではない。後半も激しいプレスと
  ファールすれすれのハードなプレイを維持できるかが鍵になるだろう。
                    G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     マンU     0    11     4     3     5    50     0     0
      ブラックバーン 1     5     2     1     6    50     1     0

●試合展開(後半)
  50  MAU     :パク右クロス→ルーニー左H→ロナウド                  ※あわず
  53  MAU SOG:ルーニー中S                                          ☆GKセーブ
  61  MAU SOG:スコールズ中ドリブルS                            GOAL★MAU 1-1 BLA
  64  MAU S    :中FK:ギグスS                                        壁(CK)
  66  MAU SOG:ロナウド左ドリブルS                                  ☆GKセーブ
  68  MAU SOG:ロナウド左クロス→ギグス中S                          ☆クロスバー
  69  BLA 交代1:マッカーシー(OUT)、ロバーツ(IN)
  71  BLA       :右クロス→ペデルセン、GKと接触                  CARD▲ペデルセン
  73  MAU SOG:ロナウド左ドリブル、クロス→キャリック右S        GOAL★MAU 2-1 BLA
  74  MAU       :中フィード→ルーニー                                    GKキャッチ
  75  BLA 交代2:トゥガイ(OUT)、ペター(IN)
  82  MAU       :ギグス中ドリブル→                                      ハンド
  83  MAU SOG:中FK:ロナウドS                                    ☆GKセーブ
  83  MAU SOG:こぼれ→パク中S                                  GOAL★MAU 3-1 BLA
  84  MAU 交代2:ロナウド(OUT)、スールシャール(IN)
  85  MAU 交代3:ギグス(OUT)、スミス(IN)
  88  BLA ▲YC:エマートン、エインシェを掴む?                    CARD▲エマートン
  89  BLA SOG:中S                                                    GKキャッチ
  90  MAU SOG:ルーニー→パク左クロス→スールシャール右S        GOAL★MAU 4-1 BLA

●後半コメント
    後半、激しく攻めるマンUが、61分のスコールズのドリブルSでローバーズDFの壁をうち
  破った。一旦破るとその勢いは止まらず、キャリック、パク、スールシャールが立て続けに
  ゴールをあげて、苦手の相手を一蹴した。
    勝利こそおさめたが、ビディッチの負傷はあまりにも痛すぎる。これでDFラインはエブラ、
  ネビルに続いての離脱。怪我が長引くようならブラウンにCBを任せるしかないが、欧州レベル
  の相手では正直荷が重い。また、ルーニーのパートナーとして起用したギグスはFWとしての
  出来は最高とは言い難い。前線でボールの収まり所が無いというのは、特にCLの部分で
  ウィークポイントとなる可能性がある。ただ、この勝利でチェルシーとの差を保ったままCLへ
  望めるのは大きいだろう。
                    G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     マンU     0    27    17     8     7    60     1     0
      ブラックバーン 1     6     3     1    12    40     3     0

|

« [PL06/07] #31 リバプール v アーセナル | トップページ | [ROM] トネット左太もも負傷、全治1ヶ月 »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事