« [GER] アルティントップ、バイエルンへ移籍(シーズン後) | トップページ | [COMIC] ハヤテのごとく #115 »

2007/02/14

[NEWS] オーディンスフィア

 ゲームさえ買えばプレイできるので、ブルードラゴンよりは買う可能性は高いと思いますが…、多分RPGは無理。あやちーとまみまみのコンビには強く引かれるけど…。ちなみに英語表記だとオーディン・スフィアと言う読み方っぽいです。北欧神話に影響を受けてるから考えてみれば当たり前か。

●製品情報 公式サイト 
    【作    品】 オーディンスフィア  ODIN SPHERE
    【ジャンル】 RPG
    【対応機種】 PlayStation2
    【発 売 日】 2007年5月17日予定 
    【価    格】 税込7,329円 

●ゲーム内容
    戦場で出会ったラグナネイブルの姫とリングフォールドのお姫様、初めは敵として刃を交える
    二人だったが、やがて芽生えるそこはかとない愛情。許されるはずもないが、捨てることなど
    出来るはずもない思いを胸に、二人が取った行動は…、という話ではないと思います、多分。

●まじめなストーリー(公式サイトより要約)
    主のいなくなったコルドロンをめぐり「妖精の国リングフォールド」と「王国ラグナネイブル」
  との戦火は日増しに強くなる一方、そして残る大国「タイタニア王国」では国王エドマンドが
  宮廷魔術師ウルズールの策略によって傀儡の王へと堕ちていた・・・。国家間での覇権争いが
  おこなわれる中、世界は滅亡へと刻一刻と歩みを進めていた・・・。

●キャスト(公式サイトより抜粋)
 グウェンドリン[誇り高きワルキューレの姫]                   川澄 綾子
      物静かでおとなしい雰囲気だが、いざとなるとどんな者を前にしてでも勇ましく立ち向かう。
 メルセデス[妖精の国の幼き姫]                             能登 麻美子
      子供っぽく、ワガママな性格であったが、女王となった後は、亡き母への想いが、彼女を
      強く成長させてゆく。
 ベルベット[「死」と「呪い」の運命に翻弄される亡国の姫]   沢城 みゆき
      普段はおっとりとしているが、世界の終焉を前に持ち前の行動力で奔走する。冷静で
      頭がきれ、面倒見もいい。
 コルネリウス[呪いに立ち向かう悲劇の王子]                  浪川 大輔
      若さゆえの青臭い理想を掲げる面もあるが、根は強く、正義を貫き困難に立ち向かってゆく。
 オズワルド[闇に魅入られた魔剣を振るう黒い剣士]           千葉 進歩
      寡黙だが、メルヴィンのためであればどんな無謀をものともしない力強さを持っている。

|

« [GER] アルティントップ、バイエルンへ移籍(シーズン後) | トップページ | [COMIC] ハヤテのごとく #115 »

ゲーム 」カテゴリの記事