« [ENG] サベージ、ブラックバーンと契約延長 | トップページ | [PL06/07] #21 シェフィールドU v アーセナル »

2006/12/30

[PL06/07] #21 トットナム v リバプール

●スタジアム
    ホワイトハートレーン    ロンドン
    気温:--    湿度:--    ピッチ:湿気含む    天候:雨→大雨   

●試合結果
    スパーズ 0 - 1 リバプール   Att: 36170

●審判
    マーク・ハルジー

●スタメン

トットナム
                      11 ミド           18 デフォー

    15 マルブランク   04 ゾコラ         22 ハドルストーン   14 ギャリー

    03 イ             27 ダベンポート   20 ドーソン   02 シンボンダ

                                01 ロビンソン
    サブ:
      12 セルニー   09 ベルバトフ   13 マーフィー   16 ツィーグラー   30 ガードナー
# キング、負傷欠場
    監督:
      マルティン・ヨル

リバプール
                  18 カイト       17 ベラミー

    12 アウレリオ 08 ジェラード   14 アロンソ     10 ガルシア

    06 リーセ     05 アッガー     23 キャラガー   03 フィナン

                    25 レイナ
    サブ:
        40 マーティン   11 ゴンサレス   15 クラウチ   16 ペナント   29 パレッタ
    監督:
        ラファエル・ベニテス

●試合展開(前半)
  07  TOT    :マルブランク中スルーP→デフォー左                      オフサイド(微妙)
  09  LIV       :シャビ→ベラミー                                        あわず
  10  TOT S    :DF→ミド中ミドルS                                    枠上
  11  LIV SOG:ガルシア右→ベラミー右S                              ※GKセーブ(CK)
  11      支配率:リバプール52%
  12  LIV SOG:ガルシア右ドリブルS                                    GKキャッチ
  17  TOT S    :デフォー左ミドルS                                      枠上
  19  TOT       :イ左クロス                                              ボールデッド
  21  LIV SB  :フィナン右クロス→ガルシア中HS                        DFブロック
  22  LIV SB  :ジェラード中ミドルS                                    DFブロック
  27  LIV SOG:ベラミー右ドリブルS                                    GKキャッチ
  28  LIV S    :ベラミー中→カイト中S                                ※枠左
  33  TOT SB  :ハドルストーン右クロス→デフォー中S                    DFクリア
  34  TOT       :ミド中落→デフォー中                                    オフサイド
  38  LIV SB  :カイト中S                                              DFブロック
  41  TOT SB  :イ左クロス→ミド中S                                    DFブロック
  +1  LIV SOG:カイト→ジェラード→ガルシア中S                  GOAL★TOT 0-1 LIV

●前半コメント
    アウェイながらリバプールが優勢に試合を進めるもなかなかシュートを打てず。しかし
  ゾコラのミスにつけ込んでLガルシアがゴールを決めてリードして終了する。リバプールは
  右サイドのガルシアとフィナンにベラミーが絡んで攻撃の形を作るシーンが目立った。その
  一方で左サイドからほとんど攻撃が出来なかったのが課題か。また相手の攻撃は概ね押さえ
  たものの、デフォーのスピードが気がかりではある。
                     G     S   SOT    CK     F   POS
     トットナム     0     2     0     0     3    44
      リバプール     1     5     2     1     7    56

●試合展開(後半)
  49  LIV 交代1:ベラミー(OUT)、ペナント(IN)   ハムストリングを痛めた様子
  51  LIV SB  :リーセ左ロングS                                        DFブロック
  55  TOT       :シンボンダ右クロス                                      DFクリア
  56  LIV S    :フィナン右クロス→ガルシア中HS                        枠左
  57  TOT 交代1:ゾコラ(OUT)、マーフィー(IN)
  58  LIV       :ペナント右クロス                                        ボールデッド
  59  TOT 交代2:ミド(OUT)、ベルバトフ(IN)
  59  LIV       :中→カイト                                              あわず
  62  LIV       :ペナント右クロス→                                      DFクリア(CK)
  65  LIV       :カット→シャビ中スルーP→カイト                      ※DFクリア
  66  LIV 交代2:カイト(OUT)、クラウチ(IN)
  67  LIV SOG:ペナント右クロス→ガルシア中OHS                      GKキャッチ
  70  TOT       :ベルバトフ右クロス→DFクリア                        ☆クロスバー
  72  TOT S    :マルブランク中ミドルS                                ※枠右
  73  TOT       :フィード                                                GKキャッチ
  74  LIV SOG:フィナン右クロス→クラウチ中S                          GKキャッチ
  75  TOT       :シンボンダ右クロス→デフォー中                          あわず
  75  TOT S    :ギャリー中S                                            枠右
  79  TOT S    :マーフィー右ドリブルS                                  枠右
  80  LIV 交代3:アウレリオ(OUT)、ゴンサレス(IN)
  81  TOT SOG:デフォー左S                                          ※GKセーブ
  84  TOT       :左クロス→中H落→ギャリー右→中S→G                  オフサイド
  85  TOT       :中フィード→ベルバトフ                                  トラップミス
  87  TOT       :マーフィー中→デフォー左S→枠右                        オフサイド
  88  TOT S    :マルブランク中S                                        枠上
  90  TOT       :シンボンダ右クロス                                      DFクリア(CK)

●後半コメント
    ベルバトフを投入した頃からスパーズの攻撃が活性化、シンボンダのオーバーラップも加えて、
  それまでとは一転スパーズが攻め始める。シンボンダからのクロスや中盤からのフィードを
  ゴール前に入れるものの、最後のシュートを打つことが出来ず。一番決定的なシーンが相手の
  DFのクリアがポストに当たったシーンでは勝てないのもしょうがない。混戦からしっかりと
  きめたリバプールと何度かあったチャンスを決めれないスパーズの決定機の差が、この結果と
  なったと言える。過密スケジュール等もあるが、序盤からベルバトフを使って攻撃的に攻めて
  いれば違った結果になったかもしれない。
    リバプールは勝利こそ手にしたものの、終盤の攻め込まれ方などを見ても決して褒められた
  出来ではない。ジェラード、カイトの主力勢は過密日程を考慮してかやや力をセーブ目、最も
  動きのよかったベラミーはハムストリングを痛めて交代、そして途中交代で入ったクラウチは
  全く仕事が出来ず。とりあえず勝ち点3を手にしたものの、今後の試合展開に大きな不安が
  残る。特に、カイトのコンディションが落ちている事と、ベラミーが使えないとなると、
  せっかくの上昇ムードに水を差されかねない。
                     G     S   SOT    CK     F   POS
     トットナム     0     9     3     2     5    47
      リバプール     1    11     6     3    21    53

|

« [ENG] サベージ、ブラックバーンと契約延長 | トップページ | [PL06/07] #21 シェフィールドU v アーセナル »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事