« [PL06/07] #11 ウェストハム v アーセナル | トップページ | [PREMERA Div. 06/07] 第09節結果 »

2006/11/05

[PL06/07] #11 スパーズ v チェルシー

●試合結果
    トットナム 2 - 1 チェルシー  Att: 36070

●審判
    グラハム・ポール

●スタメン

トットナム
                09 ベルバトフ 10 キーン

    14 ギャリー   04 ゾコラ   08 ジェナス   25 レノン

    32 エコット   26 キング   20 ドーソン   02 シンボンダ

                01 ロビンソン
    サブ:
      12 カーニー   05 デービス   11 ミド   18 デフォー   22 ハドレストーン

チェルシー
                16 ロッベン       11 ドログバ

                        13 バラック

                08 ランパード       05 エッシェン

                        04 マケレレ

    03 コール   26 テリー   06 カルバーリョ   20 フェレイラ

                          40 イラリオ
    サブ:
      23 クディチーニ   09 ブラルーズ   10 Jコール   21 カルー   24 SWP

●試合展開(前半)
  08  CHE S  :ランパード中ミドルS                                    枠上
  09  TOT       :シンボンダ、ランパードのタックルを受けて倒れる→治療後復帰
  10  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                    DFブロック
  11  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                    DFブロック
  12  ---       :マクラーレン監督、スタンドに
  14  CHE       :ドログバ右浮き球→ロッベン1対1                      ※DFカット
  15  CHE SOG:左CK:→テリーH→マケレレ中ミドルS            GOAL★TOT 1-0 CHE
  17  TOT ▲YC:ドーソン、ハンド                                  CARD▲ドーソン
  18  CHE SOG:左FK:バラックS                                      DFブロック
  18  CHE SOG:バラック右クロス→ランパード中S                      ☆GKセーブ
  21  CHE       :ランパード中→ドログバ右                                DFクリア
  21  CHE       :右クロス                                                GKキャッチ
  25  CHE ▲YC:フェレイラ、ベルバトフに後方タックル              CARD▲フェレイラ
  25  TOT SOG:左FK:ジェナス→ドーソン中HS                  GOAL★TOT 1-1 CHE
  27  CHE S    :ランパード中ミドルS                                    DFブロック
  28  TOT       :キーン右クロス→ベルバトフ中落→                        DFクリア
  28  CHE S    :バラック中ミドルS                                      枠上
  32  CHE       :テリー、シンボンダに足を踏まれる→治療後復帰
  34  CHE S    :FK→ドログバ中OHS                                ※枠右
  38  TOT S    :レノン右クロス→キーン右HS                          ※枠上
  40  CHE       :ドログバ→ロッベン→                                    DFクリア(CK)
  44  TOT       :ドーソン、エリア内で倒れる、治療後復帰
  45  CHE ▲YC:マケレレ、壁で下がらず                            CARD▲マケレレ
  45  CHE ▲YC:コール、壁で下がらず                              CARD▲コール
  +3  TOT       :右FK:ジェナス→ドーソン中H                          DFクリア(CK)

●前半コメント
    マケレレのゴールまでは一方的なチェルシーペース、ただしその後追加点をあげられなかった
  事が、スパーズの同点ゴールを生んだ。全体的にチェルシーが6:4で攻めている印象はあるが、
  スパーズもカウンターでゴール前にあがるなど、攻めの姿勢を失ってはいない。
    チェルシーはドログバ、ロッベンのコンディションは良さそうだが、中盤でのミスが目立つ。
  SBのコールとフェレイラが相手FWのケアに追われて高い位置を保てず攻撃に参加できないのが
  苦戦の要因の1つか。後、セットプレイで競り負けているのが気になる。マークの確認等の
  対応が必要だろう。
                     G   S  SOT CK   F  POS
      トットナム   1   4   2   3   6  41
     チェルシー     1   9   5   3  10  59

●試合展開(後半)
  46  CHE 交代1:フェレイラ(OUT)、ブラルーズ(IN)
  48  CHE       :左クロス→ドログバ、エリア内で倒れる                    笛無し
  49  CHE S    :ロッベン左クロス→バラック中S                          DFブロック
  52  TOT SOG:キーン左クロス→レノン中TS                      GOAL★TOT 2-1 CHE
  55  TOT ▲YC:ギャリー、エッシェンにひじうち                    CARD▲ギャリー
  62  CHE ▲YC:テリー、ベルバトフにタックル                      CARD▲テリー
  63  CHE 交代2:マケレレ(OUT)、SWP(IN)
  64  TOT       :フィード→キーン左クロス→ベルバトフ                  ※S出来ず
  65  TOT S    :シンボンダ右ロングS                                    枠上
  66  CHE ▲YC:バラック抗議                                      CARD▲バラック
  68  CHE 交代3:ブラルーズ(OUT)、カルー(IN)
  69  TOT       :左FK:ジーナス→                                    ※DFクリア
  71  CHE S    :右FK:ロッベンS                                      枠上
  72  CHE ▲YC:テリー、乱闘?                                  退場▲▲テリー
  75  TOT S    :右CK:キーン→ベルバトフ中BS                        枠右
  77  CHE       :キーン左→ベルバトフ                                    DFクリア(CK)
  77  TOT ▲YC:キング、ハンド                                    CARD▲キング
  80  CHE SOG:カット→カルー左S                                    ☆GKセーブ
  82  CHE       :SWP右クロス→ドログバ中                              DFクリア
  83  CHE       :ロッベン左クロス                                        GKキャッチ
  84  CHE S    :ドログバ→ランパード中S                              ※枠上
  86  TOT 交代1:キーン(OUT)、デフォー(IN)
  87  CHE SOG:C→バラック→ロッベン右S                            ☆左ポスト
  87  CHE S    :バラック中ミドルS                                      枠上
  88  TOT       :レノン右クロス→デフォー中S→GKセーブ                オフサイド
  89  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                    枠上
  +2  TOT       :C→フィード→デフォー中ドリブル                      ※GKセーブ

●後半コメント
    チェルシーに取っての最初の誤算は守備がためで入れたブラルーズのサイドをキーンに再三に
  渡って破られたこと、そしてその次の誤算はテリーを不可解な退場で欠いた事だろう。VTR
  ではテリーのひじうちに相手が報復しており、少なくとも双方にカードを出すべきプレイだった。
  特にチェルシーサイドに判定に対する苛立ちが強く表れていた。テリーの2枚を含む6枚の
  カードは、王者らしからぬ試合展開だろう。
    全体的にチェルシーの選手は疲労からかボールタッチにぶれが生じていた。後半に決定機が
  3度はあったのだから、今までの強いチェルシーならば1本は決めていたはず。ただし、
  エッシェンにいつもの運動量がなく、攻撃の形が作れないのでドログバもシュートを打ちようが
  ない。そして大黒柱のテリーを退場で欠いては、負けるのもやむなしか。
                     G   S  SOT CK   F  POS
      トットナム   2   8   3   7  15  39
     チェルシー     1  18  11  11  15  61

|

« [PL06/07] #11 ウェストハム v アーセナル | トップページ | [PREMERA Div. 06/07] 第09節結果 »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事