« [CL06/07] GS#05:インテル v スポルティング | トップページ | [CL06/07] GS#05:レフスキ v バルセロナ »

2006/11/22

[CL06/07] GS#05:ブレーメン v チェルシー

●スタジアム
    ベーゼルシュタディオン    ブレーメン
    気温:4度   湿度:33%    ピッチ:湿気含む    天候:曇り

●Notes
    CHE 10  BRE 7   BAR 5   LSO 0
    [CHE]分け以上でGS1位通過決定

●試合結果
    ブレーメン 1 - 0 チェルシー  チェルシー 決勝T進出決定

●審判
    リュボシュ・ミヘル (SVK)

●スタメン

ブレーメン
                11 クローゼ   23 ウーゴ・アルメイダ

                      10 ジエゴ

        20 D・イェンセン         24 ボロウスキ

                      22 フリンクス(C)

    05 ウォメ   04 ナウド   29 メルテザッカー   08 フリッツ

                      18 ビーゼ
    サブ:
        01 ラインケ   03 パサネン   07 ブラニェシュ   14 フント   16 アンドレアセン
        17 クラスニッチ   27 シュルツ
    監督:
        トーマス・シャーフ

チェルシー
            10 J・コール*Y           11 ドログバ

                      13 バラック

            12 オビ・ミケル      05 エシアン

                        04 マケレレ

    03 A・コール    26 テリー(C)*Y    09 ブラルズ   14 ジェレミ

                      23 クディチーニ
    サブ:
        40 イラリオ   07 シェフチェンコ   16 ロッベン   19 ディアラ
        20 フェレイラ 24 ライト・フィリップス  33 モライス
    監督:
        ジョゼ・モウリーニョ
# ランパード出場停止。カルバーリョ足首負傷

●試合展開(前半)
  01  BRE    :中スルーP                                              DFクリア
  05  BRE S    :フリングス中ミドルS→DFR                            枠左(CK)
  06  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                    枠左
  08  BRE       :ウォメ左クロス→クローゼ中                              あわず
  09  CHE S    :ジェレミ中FK:→テリー左H返→ミケル中HS          ※枠上
  11  CHE S    :アルメイダ中ミドルS                                    枠右
  13  BRE S    :フリンクス中ミドルS                                    枠右
  14  BRE SOG:ジエゴ中ミドルS                                        GKキャッチ
  15  BRE       :フリンクス右スルーP                                    GKキャッチ
  17  BRE S    :ジエゴ中スルーP→アルメイダ中S                      ※枠左
  24  BRE       :中スルーP→イェンセン、エリア内で倒れる                笛無し
  26  BRE S    :右FK:フリングス→中HS                            ※DFブロック(CK)
  27  BRE SOG:右CK:フリングス→メルテザッカー中HS          GOAL★BRE 1-0 CHE
  33  CHE SOG:コール左クロス→バラック中BS                        ☆GKセーブ
  37  BRE       :クローゼ右→フリングス中                                S出来ず
  38  CHE S    :右CK:ジェレミ→ドログバ中HS                        枠左
  40  BRE       :ジエゴ中→クローゼ右                                    S出来ず
  40  BRE S    :ナウド中ドリブルMS→DFR                            枠左(CK)
  42  CHE SOG:C→ミケル→Jコール中S                              ※GKキャッチ
  42  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                    DFブロック

●前半コメント
    ポゼッションでブレーメンが優勢に試合を進め、セットプレイからゴールを決めてゲームをリード
  した。チェルシーはミケル、Jコール、CBにブラルーズを起用したせいか、セットプレーのマークの
  ずれが目立ち、何度か危険なシーンがあった。ジエゴを止めることが出来ず、彼のドリブル突破や
  そこからのサイドへの展開を許すシーンも多く、特に左サイドからフリングスがクロスをあげるシーン
  が目だった。ミゲルとAコールの守備でのコンビネーションがいまいちの感はある
    一方攻撃面では、ロッベン同様FWタイプではないJコールが、なかなか前線で効果的な仕事を
  出来なかった。ドログバにクロスがあがる展開もなく、バラックもほとんど仕事が出来ず。後半、
  シェバを投入して本職の2トップに戻す必要があるだろう。もっとも、この試合の勝利にどこまで
  重きを置いているかにもよるのだろうが。
                    ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
      ブレーメン    1          7       2     2      4     1           52        10
   チェルシー    0          5       2     1      1     4           48         7

●試合展開(後半)
  48  CHE    :ミケル左→Aコール、エリア内で倒れる                    笛無し
  50  BRE SOG:右FK:フリングスS                                    GKキャッチ
  53  CHE       :コール左クロス→ドログバ中S                            当たらず
  54  CHE       :シェバ、ロッベン、アップ開始
  56  BRE SOG:ジエゴ右ドリブルS                                      GKキャッチ
  57  BRE S    :ジエゴ中→イェンセン中S                                DFブロック
  58  CHE       :ドログバ、足を押さえて倒れる→肩を借りて退場
  59  CHE 交代1:ミケル(OUT)、ロッベン(IN)
  59  CHE 交代2:ドログバ(OUT)、シェバ(IN)
  64  CHE       :シェバ中ドリブル                                        S出来ず
  65  CHE       :ロッベン左クロス                                        DFクリア(CK)
  68  BRE       :フリングス右クロス                                      あわず
  70  CHE       :バラック、足を痛める→治療のため退場
  70  CHE SOG:中FK:シェバS                                      ※GKセーブ
  71  CHE       :バラック復帰
  71  BRE SOG:フリングス左ミドルS                                    枠上
  73  CHE       :バラック左クロス→ロッベン                              あわず
  75  CHE SOG:コール中ドリブルS                                    ☆GKセーブ
  76  BRE ▲YC:ボロウスキー、シェバにタックル                    CARD▲ボロウスキ
  77  CHE 交代3:バラック(OUT)、SWP(IN)
  79  BRE 交代1:イェンセン(OUT)、ハント(IN)
  80  CHE ▲YC:テリー                                            CARD▲テリー 次節停止
  83  CHE       :SWP右ドリブル、クロス                                DFクリア
  86  BRE S    :アルメイダ中ミドルS                                    枠上
  86  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                  ※枠右
  87  BRE 交代2:アルメイダ(OUT)、シュルツ(IN)   ハント前へ
  89  ---       :何故かYou'll never walk alone
  +1  CHE       :右FK:ジェレミ                                        DFクリア(CK)
  +2  BRE 交代3:クローゼ(OUT)、クラスニッチ(IN)

●後半コメント
    後半、やや攻め疲れたブレーメンに対し、チェルシーが何度か決定的なチャンスを作り出すが、
  DFラインとヴィーゼの好セーブに阻まれてゴールならず。シェバ&ドログバ以外の2トップが
  全く機能せず、だからといって去年モードの3トップにキレも無し。結果論からすればランパード
  の不在が響いたということだろう。ゲームメイクの役割を期待するバラックが前半はほとんど
  攻撃に絡めず。後半は若干前線への飛び出しを見せたもののゲームの流れを変えるには至らず、
  最後は足を痛めて交代する有様。エッシェンはウォメ、ナウド、イェンセンのケアを優先してか
  カウンター以外では前への飛びだしは見せず、ジェレミの飛び出しも数えるほど。アウェイらしい
  戦いといえばそれまでだが、これでは無得点もしょうがない。
    DFに関しては、前半の失点を含むセットプレイで何度か危ないシーンがあったが、それ以外の
  決定機は無し。だからこそ決勝点となった失点が悔やまれる。ただ、SBのジェレミとAコールに
  若干の守備の不安があるのは確かであり、中盤を含めた守備組織の整備は、決勝Tへ向けて必要
  だろう。
    結果として決勝T進出を決めたが、それ以上にドログバ、バラックが負傷したのが痛い。両選手
  とも今年はレギュラーとして戦ってきているだけに、負傷が長引くようだと国内リーグへの影響は
  避けられない。特にドログバ不在の際、シェバにどのような役割を担わせるのか、どちらかというと
  セカンドストライカー的な動きが得意なだけに監督は頭が痛いところだろう。もっとも、控えの
  選手も他チームでは充分レギュラーとなれる層の厚さがあるだけに、策はいくらでもあるのだろうが。
                    ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
      ブレーメン    1         12       4     4      5     1           48        20
   チェルシー    0         10       4     3      3     5           52        16

|

« [CL06/07] GS#05:インテル v スポルティング | トップページ | [CL06/07] GS#05:レフスキ v バルセロナ »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事