« [PL06/07] #08 ウィガン v マンU | トップページ | [PL06/07] #08 レディング v チェルシー »

2006/10/14

[Serie A 06/07] #06 インテル v カターニャ

●主審
  マッツォレーニ

●試合結果
    インテル 2 - 1 カターニャ

●スタメン
インテル 4-4-2
                  10 アドリアーノ 08 ズラ

  21 ソラーリ   05 スタンコビッチ 15 ダクール  07 フィーゴ

  06 マックスウェル 25 サムエル 02 コルドバ 04 サネッティ

                          12 セーザル
    サブ:
      01 トルド 23 マテラッツィ 13 マイコン 09 クルス 20 レコバ 50 マールフィ

●試合展開(前半)
  02  INT    :左FK:フィーゴ→                                      GKキャッチ
  05  INT       :ソラーリ左クロス                                        DFクリア(CK)
  06  INT       :左クロス→ズラ                                          あわず
  07  CAT SOG:右クロス→スピネーゼ中反転S                            GKキャッチ
  10  INT       :スタンコ右クロス                                        GKキャッチ
  14  INT SOG:イブラ左S                                              GKキャッチ
  16  CAT SOG:マスカーラ左ミドルS                              GOAL★INT 0-1 CAT
  21  INT ▲YC:コルドバ、相手にタックル                          CARD▲コルドバ
  23  INT S    :イブラ右S                                              DFブロック
  26  INT S    :マックスウェル中ミドルS                                枠上
  29  INT SOG:フィーゴ右クロス→スタンコ中HS                  GOAL★INT 1-1 CAT
  32  INT       :アドリアーノ、ヘディングで頭激突
  39  CAT       :右クロス→中HS                                        枠左
  43  CAT ▲YC:コルッチ、ソラーリを引っかける                    CARD▲コルッチ
  +1  CAT       :バイオッコ右クロス→                                    GKキャッチ
  +2  INT       :ソラーリ左クロス→イブラ                                枠右

●前半コメント
  インテルはソラーリ、フィーゴの左右からのクロスで何度かチャンスを作ったが、
 中央がトップの2人しかいないシーンが目立ち、なかなかチャンスを作れず。ビエラ、
  カンビアッソの不在でダイナッミックに動くメンバーの不在が苦戦の要因か。左サイド
  初スタメンのマックスウェルのサイドを破られるシーンが多いのと、コルドバが早くも
  カードをもらっているのが気になる。
                      ゴール  シュート  枠内  CK ファール  オフサイド   支配率
      インテル       1        3        2     4      11           2       52
      カターニャ      1        2        2     1       6           2       48

●試合展開〔後半)
  46  INT 交代1:マックスウェル(OUT)、マイコン(IN)
  53  CAT       :左FK:→                                              DFクリア(CK)
  54  CAT SOG:バルガス左ミドルS                                      GKキャッチ
  55  INT SOG:ソラーリ左S                                          ※GKセーブ
  56  INT       :フィーゴ左クロス                                        GKキャッチ
  60  INT 交代2:アドリアーノ(OUT)、クルス(IN)
  62  INT       :右FK:フィーゴ→クルス、エリア内で倒される            PK
  63  CAT ▲YC:ソッティル、クルスを倒す                          CARD▲ソッティル(次節停止)
  70  INT SOG:PK:クルスS中中                                    ☆GKセーブ
  73  INT SOG:ソラーリ中ミドルS                                      GKキャッチ
  75  INT S    :ソラーリ左クロス→ズラ                                  DFクリア(CK)
  76  INT SOG:右CK:→スタンコ中MBS                        GOAL★INT 2-1 CAT
  85  CAT SOG:中MS                                                  GKキャッチ
  86  CAT       :コルッチ右                                              S出来ず
  89  INT 交代3:フィーゴ(OUT)、マテラッツィ(IN)
  +1  INT S    :中FK:イブラS                                        枠上

●後半コメント
    スタンコビッチの個人技のおかげでどうにか勝利を収めた印象が強い。復帰直後かつ
  交代直後のクルスにいきなりPKを蹴らすなど、チームとしての試合展開でもドタバタ
  するのはいかにもインテルらしい。中途半端に勝ち点3と言う結果が出てしまっている
  のが、逆に根本的対策を立てにくくしているという意味でもたちが悪いように見える。
  11人のうち誰を核としてどのような攻めを見せるのか、DFリーダーは誰でどのように
  守るのか、というのが見えづらく、11人の選手が好き勝手にやっているようにしか
  見えない。もっとも、それがインテルの伝統と言えばそれまでだが。
                      ゴール  シュート  枠内  CK ファール  オフサイド   支配率
      インテル       2        9        7    10      21           3       54
      カターニャ      1        4        4     4      12           5       46

|

« [PL06/07] #08 ウィガン v マンU | トップページ | [PL06/07] #08 レディング v チェルシー »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事