« [Serie A 06/07] 3クラブの処分が軽減 | トップページ | [PL06/07] #10 リバプール v アストンヴィラ »

2006/10/28

[PL06/07] #10 シェフィールド v チェルシー

●審判
  M Atkinson

●試合結果
    シェフィールド 0 - 2 チェルシー   Att: 32321

●スタメン

シェフィールド
   01 Kenny
   02 Bromby  04 Davis  06 Jagielka  20 Armstrong
   12 Quinn   21 Leigertwood  18 Tonge  19 Gillespie  09 Hulse
   10 Webber
  サブ:
    05 Morgan,  11 Kabba, 15 Kozluk,  17 Montgomery,  27 Nade

Cチェルシー

      16 ロッベン       11 ドログバ         10 コール

              08 ランパード         13 バラック

                        05 エッシェン

    18 ブリッジ   26 テリー   06 カルバーリョ   20 フェレイラ

                      40 イラリオ
    サブ:
      23 クディチーニ   04 マケレレ   09 ブラルーズ   21 カルー
      24 SWP

●試合展開(前半)
  08  SHU 交代1:トング(OUT)、モンゴメリー(IN)
  11  CHE SOG:左FK:ランパードS                                    GKキャッチ
  16  SHU       :左クロス→ハース中                                      DFクリア
  16  SHU       :左クロス→中                                            DFクリア
  17  CHE       :ドログバ、自陣で相手を引っかける                        PK
  17  SHU SOG:ウェバーPKS右下                                    ☆GKセーブ
  22  SHU S    :左クロス→中S                                          枠上
  31  CHE S    :左CK:→バラック中HS                                GKキャッチ
  37  CHE S    :バラック左クロス→ロッベン中HS                      ※DFブロック(CK)
  42  CHE SOG:ランパード中HS                                      ☆GKセーブ
  43  CHE SOG:中FK:ランパードS                              GOAL★SHU 0-1 CHE

●前半コメント
    序盤、様子見のチェルシーに対して果敢に攻め立てたシェフィールドだが、実力の差は
  いかんともしがたく。16分のプレゼントPKを外したのがゲームの流れをつかめなかった
  大きな要因か。GKのケニーは好セーブでチェルシーの猛攻を防いだものの、ランパードの
  FKは防ぎきれず。
    火曜日のバルサ戦が頭にあるチェルシーは運動量も低い。ドログバ、ロッベンは何度か
  攻撃に絡んだものの、コールについては試合から消えていた。エッシェンのドリブルもなく、
  ランパードもFKとその前のシュート以外は見せ場無し。バラックはいつものようにいい
  働きを出来ずと、リードはしたものの決していいサッカーではない。見かねたテリーが
  何度かオーバーラップしていったのも頷ける。もう1点取って早く試合を決めたいところ。
                     G   S  SOT CK   F  POS
      シェフィールド 0   1   0   3   7  41
     チェルシー     1   4   4   4   4  59

●試合展開(後半)
  46  CHE 交代1:ドログバ(OUT)、カルー(IN)
  49  CHE SOG:ランパード左クロス→バラック中HS                  GOAL★SHU 0-2 CHE
  51  CHE S    :ロッベン左→ランパード中MS                              DFブロック(CK)
  60  SHU S    :中S                                                      DFブロック
  61  SHU ▲YC:モンゴメリー、カルーにLタックル                    CARD▲モンゴメリー
  65  SHU 交代2:ブロンビー(OUT)、コズラック(IN)
  66  CHE S    :ブリッジ左クロス→バラック中BS                          枠上
  67  CHE 交代2:コール(OUT)、SWP(IN)
  68  SHU 交代3:ジレスピー(OUT)、カバ(IN)
  72  SHU S    :左FK:→中HS                                          枠上
  83  CHE 交代3:ロッベン(OUT)、マケレレ(IN)
  83  CHE S    :カルー中ミドルS                                          DFブロック
  85  SHU SOG:中FK:S                                                GKキャッチ

●後半コメント
    後半開始直後にバラックがゴールを決めた時点でゴールあり。ようやくバラックが攻撃に
  絡むシーンが見られるようになったことは大きな収穫。動きにやや精彩を欠く選手もいた
  ものの、省エネで勝ち点3を得られたことを喜ぶべきか。ただし、つま先の痛みで途中交代した
  ドログバのコンディションが気がかり。

                     G   S  SOT CK   F  POS
      シェフィールド 0   6   2   9  15  45
     チェルシー     2  12   8   8  12  55

|

« [Serie A 06/07] 3クラブの処分が軽減 | トップページ | [PL06/07] #10 リバプール v アストンヴィラ »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事