« [CL06/07] GS#04:バイエルン v シャフタール | トップページ | [BAR] グジョンセン、負傷は軽傷 »

2006/10/31

[CL06/07] GS#04:シャフタール v バレンシア

●Notes
  バレンシア、勝てば決勝T進出決定

●スタジアム
    RSCオリンピスキー ドネツク
    気温:3度 湿度:90% ピッチ:湿気含む 天候:曇り

●試合結果
    シャフタール 2 - 2 バレンシア  バレンシア、決勝T進出決定

●主審
    ピーター・フロジュフェルト(SWE)

●スタメン

シャフタール
                    25 ブランドン     17 アガホア

                            09 マツザレム

            38 シャンドン   18 レバンドフスキ   07 フェルナンジーニョ

    26 ラット   03 ヒュブスマン*Y     27 シクリンスキー 33 スルナ

                            35 シュスト
    サブ:
      12 シュトコフ   05 クチュル   06 ドゥリャイウ   08 レオナルド 11 ボロベイ
      19 ガイ         29 マリカ
    監督:
      ミルセア・ルチェスク

バレンシア
                  09 モリエンテス 07 ビジャ

  21 シルバ       22 エドゥ    20 アルビオル    10 アングロ(C)

  24 モレッティ   17 ナバーロ 04 アジャラ*Y    02 ミゲル

                  01 カニサレス
    サブ:
      25 ビュテル 11 レゲイロ  15 ホアキン   16 ヴィアナ 18 ロペス
      23 トーレス   31 バジャルド
    監督:
      キケ・サンチェス・フローレス

●試合展開(前半)
  02  SHA SOG:中FK:ジャジソンS                              GOAL★SHA 1-0 VAL
  05  VAL       :ミゲウ右クロス→モリエンテス                            DFクリア(CK)
  06  SHA SOG:ジャジソン中BS                                        GKキャッチ
  08  VAL       :ビジャ左クロス→モリエンテス                            DFクリア
  10  SHA SOG:アガホア右→マトゥザレム中S                          ☆右ポスト
  11  SHA SOG:マトゥザレム中S                                        GKキャッチ
  13  SHA       :ブランドン左クロス→アガホア                            あわず
  14  SHA S    :マトゥザレム右クロス→レバンドフスキ中HS              枠上
  15  SHA SOG:ジャジソン→アガホア中BS                            ☆GKセーブ
  16  VAL       :ビジャ左→モリエンテス                                  あわず
  18  VAL SOG:中FK:ビジャS→モリエンテスS                  GOAL★SHA 1-1 VAL
  19  VAL S    :アングロ中ミドルS                                      枠右
  24  SHA       :ブランドン左クロス→アガホア                            あわず
  26  VAL SOG:ビジャ中ドリブルS                                      GKキャッチ
  27  VAL SOG:ブランドン中S                                        ※GKセーブ
  28  SHA SOG:フェルナンジーニョ中ドリブルLS                  GOAL★SHA 2-1 VAL
  31  SHA SOG:レバンドルスキー中ミドルS                            ※GKセーブ
  36  SHA S    :ラット左H→アガホア中HS                              枠上
  41  SHA S    :マトゥザレム左ドリブルS                              ※枠左
  43  VAL S    :ミゲウ右クロス→アングロ中S                            枠上

●前半コメント
    シャフタールが中盤の争いで優位に立ち、そこからサイドへボールを運ぶ攻撃の形で
  バレンシアのDFを翻弄した。バレンシアは中盤でボールが全く取れず、またパスミスで
  相手にボールを渡すことが多く、そこからピンチを招くシーンが目立った。CMFの
  エドゥとアルビオル、それにシウバとアングロがほとんど攻撃に絡めないのが苦戦を
  表している。ビジャとモリエンテスは少ないチャンスをどうにかシュートに結びつけて
  いるが、攻撃の厚みを欠くだけにゴールの予感はあまりない。
                      ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
    シャフタール     2         14       8     1      1     0           56        10
    バレンシア      1          5       2     5      2     1           44         2

●試合展開(後半)
  47  SHA ▲YC:ブランドン、エドゥにレイトタックル                CARD▲ブランドン
  52  SHA       :スルナ右クロス                                          GKキャッチ
  53  SHA SOG:ブランドン左S                                          GKキャッチ
  54  SHA ▲YC:ヒュブシュマン、アルビオルを蹴る                  CARD▲ヒュブスマン 次節停止
  55  VAL ▲YC:ビジャ、マトゥザレムにタックル                    CARD▲ビジャ
  62  VAL       :アングロ→エドゥ                                        GKキャッチ
  64  VAL SOG:ミゲウ→モリエンテス中S                              ※GKセーブ
  66  SHA ▲YC:スルナ、シルバにタックル                          CARD▲スルナ
  68  VAL SOG:右CK:ビジャ→アジャラ左HS                    GOAL★SHA 2-2 VAL
  70  SHA SOG:フィード→アガホア中S                                  GKキャッチ
  72  SHA S    :中FK:シブリンスキーS                                枠左
  75  SHA 交代1:ブランドン(OUT)、マリカ(IN)
  76  SHA ▲YC:レバンドンスキー、エドゥにタックル                CARD▲レバンドンスキー
  76  VAL 交代1:モリエンテス(OUT)、ホアキン(IN)
  78  VAL S    :モレッティ左クロス→アングロ中HS                      GKキャッチ
  79  SHA       :マトゥザレム中→シブリンスキー                          S出来ず
  80  VAL       :ナバーロ、顔に肘が入って出血
  83  SHA       :中スルー→アガホア                                      GKキャッチ
  84  SHA ▲YC:マトゥザレム、シウバを倒す                        CARD▲マトゥザレム
  87  VAL 交代2:ナバーロ(OUT)、ヴィアナ(IN) アルビオルCBへ
  90  VAL ▲YC:アングロ、レイトチャージ                          CARD▲アングロ
  +1  VAL 交代3:ビジャ(OUT)、レゲイロ(IN)

●後半コメント
    もしもサッカーの試合に判定精度があったならば、この日の勝者がシャフタールになった事は
  間違いないだろう。支配率が示すようにポゼッションで大きく上回り、シュート数が示すように
  多くのシュートを放ってバレンシアを脅かした。ただし、後半に関しては数こそ放ったものの、
  ゴールの予感の感じられるシュートはなく、追加点をあげられなかった事で、痛恨のドローに
  繋がってしまったと言えるだろう。
    バレンシアの問題はやはり急造のCMFコンビだろう。アルビオルとエドゥが共に低い位置に
  いることで、前線の二人が孤立、エドゥが攻撃の起点となれないことでサイドからの攻撃の形も
  作れなかった。ただ、怪我人続出でメンバー構成に苦労する中、攻撃の形がほとんど出来なかった
  にもかかわらず、セットプレイから2ゴールを決めてしっかりとアウェイで勝ち点1を手にする
  ところこそ、ファイナル経験チームの強さと言えるだろう。
                      ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
    シャフタール     2         20      11     3      4     1           56        20
    バレンシア      2          8       5     8      5     2           44         9

|

« [CL06/07] GS#04:バイエルン v シャフタール | トップページ | [BAR] グジョンセン、負傷は軽傷 »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事