« [CL06/07] 第4節1日目試合日程 | トップページ | [CL06/07] GS#04:バルサ v チェルシー »

2006/10/31

[CL06/07] GS#04:スパルタク v インテル

●スタジアム
    ルジニキ  モスクワ  人工芝
    気温:1度 湿度:51% ピッチ:湿気含む 天候:快晴

●試合結果
    スパルタク 0 - 1 インテル

●審判
    クラウス・ボー・ラーセン(DEN)

●スタメン

スパルタク・モスクワ
                          10 パブリュチェンコ

      07 ボヤリンツェフ   09 チトフ(C)       23 V・ビストロフ

                      15 コバチ     24 モザルト

      17 ロドリゲス   03 シュトランツル   13 イラーネク   49 シシキン

                  30 コワレフスキ
      サブ:
        01 ホミッチ         11 パブレンコ       14 トルビンスキー   19 カベナーギ   
        25 カリニチェンコ   27 コバルチウツ     39 レブコ
      監督
        ウラジーミル・フェドトフ

インテル
                        09 クルス         08 ズラ

                                 07 フィーゴ

            04 サネッティ(C)   15 ダクール  05 スタンコビッチ 

        16 ブルディッソ  23 マテラッツィ   02 コルドバ   13 マイコン

                      12 ジュリオ・セザール
      サブ:
        01 トルド   06 マクスウェル   11 グロッソ   18 クレスポ
        ソラーリ       25 サムエル    91 ゴンサレス
      監督
        ロベルト・マンチーニ

●試合展開(前半)
  02  INT SOG:ズラ右ドリブル→クルス中S                        GOAL★SMO 0-1 INT
  04  SMO S    :シシキン中S                                            枠上
  06  SMO       :バブリチェンコ左クロス→ビストロフ                      あわず
  13  INT       :ズラ→クルス                                            DFクリア(CK)
  20  SMO S    :中→ボリャリンチェフ左S                                GKキャッチ
  22  INT       :フィーゴ右クロス                                        ボールデッド
  25  SMO S    :ビストロフ右ミドルS                                    枠左
  27  SMO SOG:モザルト中ミドルS                                    ※GKセーブ
  28  SMO S    :ボヤリンチェフ中ミドルS                                枠上
  29  INT       :C→ズラ右ドリブル、クロス                              DFクリア
  30  INT S    :サネッティ左ドリブルS                                  DFブロック
  32  INT S    :デヤン→クルス左ドリブルS                            ※枠右
  37  INT       :デヤン→ズラ                                            オフサイド
  40  SMO S    :左クロス→パブリチェンコ中HS                          GKキャッチ

●前半コメント
    前節に続いてインテルが開始早々にゴールをあげ、その後は守備重視で試合を進める。
  ホームのスパルタクは積極的に攻めに出るが、インテルの固い守備もあり、決定的なシュート
  は無し。むしろカウンターから何度か危険なシュートを打たれるシーンが目立つ。
    インテルはフィーゴをトップ下に、サネッティ、ダクール、デヤンが3ボランチで守備的に
  試合を進める。攻撃は原則として前3人、後は引いて守る形でSBの攻め上がりもほとんど
  無し。1点先制したことでアウェイらしく守備的に進めることが出来るのは気が楽だろう。
  最悪このまま、あわよくばカウンターで追加点を決めて勝ち点3をゲットしたいところ。
  ただし、マテラッツィを筆頭に多少DFに粗さが目立つだけに、出来ればもう1点欲しい
  ところ。
                    ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
      スパルタク    0          5       2     0      2     2           61         7
   インテル      1          5       1     2      1     1           39        10

●試合展開(後半)
  46  SMO 交代1:ロドリゲス(OUT)、カペナギ(IN)
  47  INT S    :フィーゴ右クロス→ズラ中HS                          ※枠左
  49  SMO       :パブリチェンコ左クロス                                  あわず
  53  SMO 交代2:ビストロフ(OUT)、
  56  INT SOG:ズラ→マイコン右S                                    ※GKセーブ
  59  SMO S    :モザルト中ミドルS                                      DFブロック(CK)
  60  INT SOG:デヤン中ミドルS                                        GKキャッチ
  65  SMO S    :ボヤニチェフ右S                                      ※枠上
  67  SMO       :ボヤリンチェフ右クロス→チトフ                        ※あわず
  71  INT SOG:フィーゴ中→ズラ右S                                  ☆GKセーブ
  72  INT 交代1:フィーゴ(OUT)、グロッソ(IN)
  73  SMO SOG:シシュキン左クロス→パブリチェンコ中TS                GKキャッチ
  74  INT       :グロッソ→クルス                                        ファール
  76  INT       :グロッソ左クロス                                        あわず
  78  SMO SOG:シシュキン中ロングS                                  ☆クロスバー
  81  INT SOG:チトフ左クロス→ボヤリンチェフ中HS                  ※枠上
  84  INT 交代2:クルス(OUT)、ソラーリ(IN)
  87  INT       :ズラ左ドリブル、スルーP                                あわず
  +2  INT SOG:ズラ中ドリブルS                                      ☆GKセーブ
  +3  INT SOG:フィード→デヤン中S                                  ☆GKセーブ
                    ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
      スパルタク    0         12       4     6      6     5           59        11
   インテル      1         12       7     3      1     1           41        16

●後半コメント
    後半になっても、攻めるスパルタクと守ってカウンターのインテルの構図は変わらず。
  ズラが前線で何度か決定的なパスを出してチャンスを作るも追加点をあげれず。自身の
  シュートもGKに阻まれ、本人には多少不満の残る展開だが、パスを配る姿勢でチームの攻撃が
  スムーズに流れたのは確か。アウェイとはいえ、後半の引いて守る展開は、イタリアの
  伝統的な試合の進め方とはいえ、何度か決定的なシュートを打たれている意味でも不満が
  残る。スパルタクはシシュキンのロングSやチトフの1歩届かなかった攻撃など、何度か
  決定的なチャンスはあったものの、全体としては決定的に崩すシーンが少なく、無得点で
  終わったのは妥当な結果という感は否めず。序盤、集中する前の不用意な失点が悔やまれる。

|

« [CL06/07] 第4節1日目試合日程 | トップページ | [CL06/07] GS#04:バルサ v チェルシー »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事