« [MAC] ベン・サッチャー8試合出場停止 | トップページ | [CL06/07] GS#01:バルセロナ v レフツキ »

2006/09/12

[CL06/07] GS#01:チェルシー v ブレーメン

●スタジアム
    スタンフォード・ブリッジ ロンドン
    気温:25度 湿度:90% ピッチ:湿気含む 天候:晴れ時々曇り

●審判
    キロス・バラサス(GRE)

●スタメン

・チェルシー
                  11 ドログバ   07 シェバ

                       13 バラック 

        08 ランパード  04 マケレレ     05 エシアン

    03 コール  26 テリー(C) 06 カルバーリョ 09 ブラルーズ

                01 チェフ
      サブ:
        23 クディチーニ 10 Jコール 12 ミケル 14 ジェレミ 18 ブリッジ
        20 フェレイラ 21 カルー
      監督:
        ジョゼ・モウリーニョ

・ブレーメン
                17 クラスニッチ 11 クローゼ

                      10 ジエゴ

          24 ボロウスキ           22 フリンクス

                      06 バウマン(C)

    05 ウォメ 04 ナウド 03 バサネン 08 フリッツ

                          01 ラインケ
      サブ:
        30 イェンセン 07 ブラニェシュ 09 ジダン 15 オボモイエラ 16 アンドレアセン
        23 アルメイダ 27 シュルツ
      監督:
        トーマス・シャーフ
# ヴィーゼは気管支炎、メルテザッカーはかかと負傷

●試合展開(前半)
  01  CHE    :ランパード中→シェバ                                    GKキャッチ
  02  CHE       :バラック左スルーP→シェバ                              GKキャッチ
  05  BRE       :ボロウスキ左クロス                                      GKキャッチ
  05  BRE       :ウォメ左スロー→中H                                    GKキャッチ
  07  CHE S    :エッシェン右クロス→ドログバ中HS                      枠上
  09  CHE       :エッシェン中ドリブル、スルーP→ランパード              DFクリア
  09  CHE S    :エッシェン右ミドルS                                    枠左
  11  CHE       :ランパード中フィード→ドログバ                          DFカット
  12  CHE       :ドログバ、相手の手が鼻に当たって出血→治療のため退場
  15  CHE       :ドログバ復帰
  15  CHE 支配率:57% S:2  SOG:0   (BRE S:0 SOG:0)
  17  CHE       :バラック、エリア内で倒れる                              ハンド(バラック)
  18  BRE       :左CK:→中H                                          DFクリア
  19  CHE       :C→シェバ左クロス→エッシェン                          GKセーブ(CK)
  23  CHE       :エッシェン右フィード→シェバ                            あわず
  24  CHE SOG:ランパード中ドリブル→エッシェン中S              GOAL★CHE 1-0 BRE
  29  CHE S    :左CK:ランパード→バラック中HS                      枠右
  30  CHE 支配率:55% S:4 SOG:2 (BRE S:1 SOG:1)
  34  BRE       :右CK:ウォメ→                                        GKセーブ
  35  BRE S    :ウォメ中ミドルS                                        枠右
  36  CHE       :シェバ中スルーP→                                      あわず
  37  CHE       :バラック中→シェバ                                      DFクリア
  38  BRE S    :クローゼ左ドリブルS→DFR                          ※枠上(CK)
  39  BRE SOG:ウォメ中ドリブルS                                      GKキャッチ
  41  CHE       :シェバ中→エッシェン右                                  DFクリア
  43  BRE       :ウォメ左クロス                                          DFクリア
  43  BRE SOG:フリンクス中ミドルS                                    GKキャッチ
  44  BRE       :ボロウスキ右クロス                                      DFクリア
  45  CHE       :コール右クロス                                          ボールデッド
  +1  BRE S    :中FK:ナウドS                                        枠右

●前半コメント
    全体を通してチェルシー優勢ながら、前線のコンビネーションがいまいち、ランパードの
  ドリブルからエッシェンが決めたゴールシーン以外は決定機は無し。シェバがスペースへ
  飛び出す動きを見せるものの、そこに効果的なボールが出ず、バラックはほとんどボールに
  さわれていない。Aコールは不用意にボールを失うシーンが多く、右サイドからの攻撃は
  ほとんどない。DFは相手の攻撃を無難に押さえたが、支配率を考えると不満が残る展開。
  後半、Jコールの投入で右サイドに起点を作ることが必要か。
    一方のブレーメンは、シュート数で上回ったものの、ほとんどは苦し紛れのミドル
  シュートでチェフを脅かすシーンは存在しなかった。前線までボールを運べず、クローゼが
  下がらざるを得ない展開。ジエゴがうまく仕事を出来ていないのが苦戦の要因か。
                    ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
   チェルシー     1          4       2     3      3     1           57         8
      ブレーメン    0          8       3     1      3     0           43         5

●試合展開(後半)
  49  BRE S    :フリングスS                                            枠外
  51  CHE ▲YC:テリー、相手にタックル                          カード▲テリー
  54  BRE S    :フリンクス右クロス→クローゼ中HS                    ※枠上
  60  BRE       :中FK:ジエゴS                                        枠上
  60  CHE 支配率:57%: S:4 SOG:2 (BRE S:11 SOG:3)
  62  CHE ▲YC:バウマン、エッシェンにタックル                  カード▲バウマン
  62  CHE S    :コール左クロス→ドログバ中BS                        ※枠右
  64  BRE SOG:右クロス→クローゼ中HS                              ☆クロスバー
  65  BRE 交代1:クラスニッチ(OUT)、アウメイダ(IN)
  66  CHE       :ドログバ、フリッツにエリア内で倒される                  PK
  67  CHE SOG:PK:バラックS右上                              GOAL★CHE 2-0 BRE
  69  CHE SOG:ランパード中ドリブルS                                  GKキャッチ
  70  CHE       :バラック中→ドログバ中BS→枠上                        オフサイド
  70  CHE ▲YC:ドログバ、遅延行為                              カード▲ドログバ
  74  CHE SOG:中FK:シェバS                                        GKキャッチ
  79  BRE       :フリンクス中スルーP→                                  あわず
  80  CHE SOG:ドログバ左ドリブル→ランパード中S                    ☆右ポスト
  81  CHE 交代1:シェバ(OUT)、ドログバ(IN)
  81  CHE ▲YC:ランパード、フリッツにスライディング            カード▲ランパード
  83  CHE ▲YC:Jコール、暴言?                                カード▲Jコール
  85  CHE 交代2:ドログバ(OUT)、カルー(IN)
  85  BRE 交代2:バウマン(OUT)、ジダン(IN)
  87  BRE       :右スルーP→ジエゴ                                      オフサイド
  89  CHE       :エッシェン中スルーP                                    あわず
  90  CHE 交代3:バラック(OUT)、ミケル(IN)

●試合結果
  チェルシー 2 - 0 ブレーメン

●後半コメント
    後半になってもチェルシー優勢は変わらないものの、決定的なシュートはドログバの
  ボレーとランパードのポストを叩いたシュートのみ。むしろ、多少曖昧な判定で4人が
  カードを受けたのがチェルシーとしては痛いところ。攻撃のコンビネーションの完成度は
  まだまだ低く、個の力に頼った攻撃が目立つが、それでも勝ち点3を取れてしまうのが
  今のチェルシーの強さだろう。
    シェバは何度かスペースへの飛び出しを見せたものの、パスの出してとの呼吸が合わず、
  流れの中で光るシーンはなかった。むしろドログバの方が、コールのクロスにあわせた
  ボレーや、ヘディングであわせるシーンなどで持ち味を出していた。ただ、バラックの
  存在感の無さに比べれば、彼らは奮闘していたと言えるかもしれない。
    マケレレが復帰したことでエッシェンがより攻撃に絡めるようになった事が先制点へと
  繋がった。前線への飛び出しや左右へ出てのクロスを見せていたエッシェンに比べ、
  ランパードが持ち味の前線への飛び出しがこの日もあまり見れなかった。バラックとの
  関係をもう少し整理する必要があるだろう。守備に関しては、攻め手に欠く相手にも
  助けられ、問題なしと言ってよいだろう。悲願のCL制覇に向けて内容はともかく
  幸先のよい結果を出せたことは大きい。
    ブレーメンに関してはクラスニッチとジエゴがほとんど持ち味を出せなかった。
  前半から後半の始めに関しては、ウォメのオーバーラップやフリングスのクロスなど、
  チェルシーよりもよいサッカーを見せていたが、それを決定機に結びつけることが
  出来なかった。クローゼのヘッドが決まっていればもっと緊迫した展開になって
  いたとは思うが、それが決まらないあたりがチーム力の差であり経験の差であるかも
  しれない。
                    ゴール  シュート  枠内  セーブ  CK  オフサイド  支配率  ファール
   チェルシー     2         11       7     3      4     3           53        17
      ブレーメン    0         15       4     4      5     2           47        11

|

« [MAC] ベン・サッチャー8試合出場停止 | トップページ | [CL06/07] GS#01:バルセロナ v レフツキ »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事