« [COMIC] ハヤテのごとく #94 | トップページ | [アジアカップ予選] 第4節:イエメン v 日本 スタッツ »

2006/09/06

[アジアカップ予選] 第4節:イエメン v 日本

●スタジアム
    芝がボコボコ…。上から見てこうだと、実際は救いようがないだろうな。

●スタメン
               36  巻    38  田中達

    14 サントス       51 羽生            21 加地

                5  鈴木     4  遠藤

         30 阿部  45 闘莉王    20 坪井

                  23  川口(C)
  サブ: 
      43  山岸範宏  44  西川周作  35  長谷部誠  50  中村直志  31  駒野
     52  二川孝広  56  山瀬功治  58  田中隼磨  59  小林大悟  71  伊野波雅彦
     72  梅崎司    37  佐藤寿人  65  我那覇和樹

●試合展開(前半)
  01  JPN S  :羽生中ミドルS                                          DFブロック
  05  JPN       :坪井中フィード                                          GKキャッチ
  08  JPN       :サントス左クロス→田中右                                ボールデッド
  10  YEM       :右クロス→                                              DFクリア
  12  JPN       :加地右クロス→羽生                                      DFクリア
  12  JPN S    :阿部中ミドルS                                          枠上
  15  JPN       :左CK:遠藤→トゥーリオ右HS                          枠右
  22  JPN       :左FK:サントス→阿部                                  GKセーブ
  27  JPN S    :田中中ドリブルS                                        DFブロック
  31  JPN       :右クロス→巻中H                                        あわず
  32  JPN       :田中右クロス→                                          あわず
  32  JPN       :田中右クロス→巻中HS                                ※枠左
  33  JPN       :サントス左→羽生中S                                    DFブロック
  36  JPN       :右FK:サントス→阿部                                  オフサイド
  37  JPN S    :田中中スルーP→巻中S                                ※DFブロック
  39  YEM S    :左CK:→中HS                                        枠右
  45  JPN S    :田中→遠藤→加地右S                                    枠上
  +1  YEM S    :中ミドルS                                            ※枠右

●前半コメント
  カウンター狙いのイエメンを崩すことは出来ず、シュート5本枠内0本(手元)という、
アウェイであることを割り引いても満足にはほど遠い出来。中央からの崩しの狙いが
多かったが、劣悪なピッチやスペースの無さに苦しめられて枠内シュートを打てず。
田中のクロスに巻が頭で併せたのが唯一の決定機か。後半は、サイドやロングボールなど
様々な攻めで相手を揺さぶりたいところ。

●試合展開(後半)
  46  JPN 交代1:田中(OUT)、佐藤寿(IN)
  48  JPN       :中→巻                                                  ハンド
  51  JPN S    :佐藤中ミドルS                                          枠上
  52  JPN       :佐藤右クロス→巻                                        DFクリア(CK)
  53  JPN       :佐藤中→巻                                            ※DFクリア
  53  JPN SOG:サントス左ミドルS                                      GKキャッチ
  54  JPN       :遠藤右クロス                                            ボールデッド
  56  JPN S    :左FK:サントス→トゥーリオ中HS                      枠左
  58  JPN       :左CK:遠藤→巻右H                                    ファール?
  58  YEM       :右クロス                                                オフサイド
  59  JPN S    :左クロス→巻中HS                                      枠右
  63  JPN       :中→坪井中S                                            オフサイド
  67  JPN       :中→巻                                                  DFクリア
  70  JPN       :サントス左クロス→                                      DFクリア(CK)
  71  JPN       :中フィード→こぼれ阿部S→GOAL                      オフサイド
  72  JPN       :佐藤→遠藤右S                                        ※枠上
  73  JPN 交代2:羽生(OUT)、我那覇(IN)
  75  JPN       :遠藤左クロス→佐藤H→巻                                S出来ず
  76  JPN       :坪井右クロス→巻左HS                                  GKキャッチ
  77  YEM       :フィード→中反転S                                      枠右
  81  JPN S    :遠藤中スルーP→佐藤左S                              ※枠上
  84  JPN SOG:左FK:遠藤→巻右HS                                  GKキャッチ
  85  JPN S    :左クロス→我那覇中HS                                  枠右
  88  JPN       :加地中→トゥーリオ                                      DFクリア(CK)
  89  YEM       :C→右クロス                                            GKキャッチ
  +1  JPN SOG:坪井中フィード→トゥーリオ中H→我那覇中S    GOAL★YEM 0-1 JPN
  +3  YEM       :右クロス                                                ボールデッド
  +3  JPN 交代3:巻(OUT)、梅崎(IN)

●試合結果
    イエメン 0 - 1 日本

●後半コメント
    前の試合と違って決勝点をあげたこと、最後にパワープレイが出来たことは
  評価してよいだろう。ただ、90分のほとんどを通して、ファンはもちろん
  選手や監督に取ってもストレスのたまる試合だったのは間違いない。
  「劣悪なピッチでコンビプレイが出来なかった、AFCはなんとかすべき」という
  オシム監督の言葉は間違いなく正しい。ただ、このような状況で試合をこなさ
  無ければならないというのがアジアの悲しい現実である。細かいパスをつなげない
  中でやるべきサッカーを提示するのも監督の仕事であるだろう(結果を出せたという
  意味で非難する必要はないのだろうが)。
    これで本戦出場はほぼ決まり、同じ国の代表とリーグとは思えないほど
  好き勝手なスケジュールの中で結果を出したことは評価してよい。オシム監督の
  手段が問われるのは、むしろこれからの仕事内容だろう。目指すべきゴールは
  まだまだ遠いが、監督の経験やスタッフ構成を見ると、前回のような致命的失敗が
  怒ることはないだろう。もちろん、オシムだからと言って成功する保証など
  どこにもないのだが。

|

« [COMIC] ハヤテのごとく #94 | トップページ | [アジアカップ予選] 第4節:イエメン v 日本 スタッツ »

football(日本代表)」カテゴリの記事