« [ITA] クレスポ、インテルへレンタル移籍 | トップページ | [Transfers] メルテザッカー、ブレーメンへ移籍 »

2006/08/07

[U-21] 国際親善試合 CHI v JPN

●スタメン

                        苔口

                  増田      梶山

    本田圭                              中村

                青山敏      枝村 
              (→20本田拓)

            増嶋      伊野波      青山

                        西川
●試合展開(前半)
  05  CHI SOG:中ミドルS                                              枠左
  12  JPN S    :右CK:→青山左S                                      DFブロック
  20  CHI S    :左ミドルS                                              枠右
  20  JPN 交代1:青山(OUT)、本田拓(IN)
  21  JPN S    :増田左S                                                DFブロック(CK)
  25  CHI S    :右FK:→左返し→中BS                                DFブロック
  32  CHI SOG:中ミドルS                                            ※GKセーブ
  34  CHI SOG:左クロス→中S                                        ☆GKセーブ
  46  JPN       :本田左クロス→本田拓→中村右                            ボールデッド

●前半コメント
    ホームの中国が優勢に試合を進めた印象。特に両サイドからの突破からチャンスを
  作り出すシーンが目立った。ただし決定機は32分のミドルSと34分の右サイドからの
  クロスに2人が飛び込んだシーン、いずれもGK西川の好守が日本を救った印象。
  攻める相手に日本は4バック、5バックに見えるほど両サイドが後退するシーンが
  目立ち、シュート2本とほとんど攻撃が出来なかった。

●後半スタメン→選手交代

                        苔口
                      (→88 豊田)
                  増田      梶山
          (→69 カレン)
    本田圭                              中村

                本田拓      枝村 

            増嶋      伊野波      青山
                                (→90+ 平岡)
                        西川

●試合展開(後半)
  46  CHI S    :右ミドルS                                              DFブロック(CK)
  47  CHI       :左クロス                                                GKキャッチ
  51  JPN SOG:中スルーP→増田中S                                  ※GKセーブ
  51  JPN SOG:本田左ミドルS                                          GKキャッチ
  52  JPN SOG:枝村右クロス→本田左HS                              ★GOAL(0-1)
  55  CHI S    :中ミドルS                                              DFブロック(CK)
  58  CHI S    :右クロス→中BS                                      ※枠左
  60  CHI S    :左FK→GKセーブ→                                  ※S出来ず
  61  CHI S    :左ドリブルS                                          ※枠左
  62  JPN SOG:中フィード→増田右キープS                            ★GOAL(0-2)
  67  CHI       :右クロス→                                              GKセーブ(CK)
  72  CHI       :左FK:→                                              DFクリア
  73  CHI S    :中FK:→                                              枠右(CK)
  73  CHI S    :右CK:→中HS                                        枠左
  74  JPN S    :中村→苔口中ミドルS                                    DFブロック
  76  JPN S    :梶山右S                                              ※枠右
  78  JPN SOG:中村右ミドルS                                          GKキャッチ
  88  JPN SOG:C→中村右ミドルS                                    ※GKセーブ
  90  JPN S    :右クロス→本田左返→梶山中S                          ※枠上
  +3  CHI       :右クロス                                                GKキャッチ

●試合結果
    中国 0 - 2  日本

●後半コメント
    終盤、中国の足が止まったことを考えれば、前半しのいだ日本が一歩上手だった
  と言うことになるのだろう。ただし、無失点に押さえたのは日本の守備の力と言う
  よりは、相手の決定力の無さによるところが大きいことを考えると結果が出たことを
  一概に喜ぶことは出来ないが、この年代にとっては国際舞台での勝利もまた大事で
  あることは確かだろう。
    ポゼッションで劣勢だったこともあり、CBに抜擢された伊野波や、途中後退で入った
  DMFの本田拓の活躍が目立った。また、苔口こそシュートを打てなかったものの、本田と
  増田がゴールを決め、ゴールこそ奪えなかったものの梶山もシュートを放つなど、2列目
  からの飛び出しでゴールを決めるという狙いはある程度うまくいったと言ってよい。
  繰り返しになるが、試合内容について反省することはもちろん大切だが、高温かつ高湿度の
  アウェイの試合で2ゴールをあげて勝利を収めたことは評価すべきだろう。

●コメント
  反町監督

    ・守勢に回る時間が多かったが、その中で踏ん張ることができたところは評価している。
    ・人1人の力が強くない部分がある。例えばサイドで1対1でかわされてしまう。
    ・苔口の1トップは、うまくいった部分とうまくいかなかった部分があった。これから検証する。
    ・順風満帆ではなく、向こうのパワーに押されたが、効率よく点を取れた。
    ・勝ったことはうれしいけれど、個人の力を上げることが大事。
    ・アグレッシブさは中国の方が上だった。

本田圭

    ・戦う気持ちを持ってディフェンスした。
    ・駄目でしょ、こんなんじゃ。自分のプレーをしっかりやることで、チームを引っ張っていきたい。

増田
    ・攻撃では裏に抜けていくことにチャレンジしようと言われていたし、裏を取ることもできた。
    ・ゴールは切り替えさざるを得なかった。自分のいい判断でできたわけではない。

|

« [ITA] クレスポ、インテルへレンタル移籍 | トップページ | [Transfers] メルテザッカー、ブレーメンへ移籍 »

football(日本代表)」カテゴリの記事