« [U-21] 中国遠征メンバー | トップページ | [CEL] セルティックのマロニーが離脱 »

2006/08/03

[REVIEW]ゲド戦記

タイトル:ゲド戦記 公式サイト
 一言で言えば、見ごたえはあるけどよくわからない作品。冒頭のドラゴンの戦闘シーンや最後の戦闘シーンで塔が崩れるシーンいかにも宮崎アニメらしい演出がなされていたし、草原でティナが歌うシーンなども印象的であることは間違いない。ただし、2時間を通した
作品としての主題は、と問われるといまいち印象が薄いというか、「死と生」について言いたかったんですかね、というレベル。このあたりは原作との絡みがあるので一概に新米監督のせいにするところでもないとはいえ、「真の名」の扱いやゲドとテナーの関係など、明らかに原作の肝となるべき部分について説明が欠けているというのも、映画で初めて「ゲド戦記」に触れる観客にとってはつらい部分。
 作品を通してシーンの転換がよく言えばアグレッシブ、悪く言えばせわしなく落ち着きに欠けるような印象。テルーの正体(実はドラゴン)とそれが判明したクライマックスで盛り上がるのはいいが、その後、アレンが故郷に帰ってどうなるのか、竜の化身であることが判明したテルーがどうなるのかというのが誰にも気になるにも関わらず、説明はいっさい無くエンディングでアレンとテルーが手を振って別れるのもぶつ切れ感は否めない。原作を読んでいないので何とも言えないが、原作に忠実に書いた結果がこれならば、原作ファンのみに向けられたで、普通の人には理解しがたいと非難されてもしょうがない。もっとも、原作ファンが満足したのかも疑問ではあるが。

|

« [U-21] 中国遠征メンバー | トップページ | [CEL] セルティックのマロニーが離脱 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/16461602

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW]ゲド戦記:

« [U-21] 中国遠征メンバー | トップページ | [CEL] セルティックのマロニーが離脱 »