« [PREMERA Div. 06/07] 第01節結果 | トップページ | [Transfers] ケジュマン、フェネルバフチェへ移籍 »

2006/08/27

[PL06/07] #03 ブラックバーン v チェルシー

●審判
     M Clattenburg

●スタメン

・ブラックバーン

              30 ロバーツ 10 マッカーシー

12 ペデルセン 14 レイド 8 サベージ 11 ベントリー

  2 ニール 20 オーイエー  3 Khizanishvili  7 エマートン

            1 フリーデル

    サブ:
      23 J Brown, 04 A Todd,  09 S Kuqi,  17 F Jeffers, 18 P Gallagher

・チェルシー

                21 カルー        7 シェバ

                        13 バラック

               8 ランパード      5 エッシェン

                      4 マケレレ

  18 ブリッジ   26 テリー    6 カルバーリョ    9 ブラルーズ

    サブ:
      23 C Cudicini, 11 D Drogba, 12 J Mikel, 20 R Paulo Ferreira,
    * 24 S Wright-Phillips

●試合展開(前半)
  02  CHE S  :エッシェン中ミドルS                                    枠上
  07  BLA S    :サベージ中ミドルS                                      枠上
  11  CHE S    :エッシェン中ドリブルS                                  枠右
  14  CHE       :バックパス→カルー                                      GKクリア
  17  BLA S    :右クロス→ペデルセン中HS                              枠上
  21  BLA S    :右FK:S→DFR                                    ※枠上(CK)
  22  BLA S    :ベントリー中ミドルS                                    枠上
  25  BLA ▲YC:サベージ、エッシェンと接触                      カード▲サベージ
  26  CHE S    :マケレレ中フィード→こぼれ→シェバ中S                  枠上
  28  CHE       :ベントリー右クロス→                                    GKキャッチ
  31  BLA       :ペデルセン左クロス                                      枠上
  34  BLA S    :サベージ中LS                                          GKキャッチ
  37  CHE SOG:シェバ中ミドルS                                        GKセーブ
  39  CHE       :バラック左スルーP→カルー左                            オフサイド
  40  CHE S    :中FK:バラックS                                      枠上
  42  CHE       :ランパード中→カルー、エリア内で倒れる                  笛無し
  45  BLA       :ベントリー右クロス→ロバーツ                            あわず
  +1  CHE SOG:カルー中ミドルS                                        GKキャッチ

●前半コメント
    チェルシーにチームとしての組織的な動きが全く見られず、11人が勝手に
  動いている印象。攻撃の核であるはずのランパードが全く目立たず、サイドからの
  ドリブル突破も全く見られない。バラックのパスは前線に繋がらず、シェバや
  カルーはミドルシュートを放つのが精一杯。相手の消極的な攻撃姿勢に助けられて
  スコアレスドローですんだが、ゴールの予感は遠い。

●試合展開(後半)
  48  CHE       :中FK:ランパード→テリー、エリア内で倒れる            PK
  49  BLA ▲YC:オーイエー、テリーを掴む                        カード▲オーイエー
  49  CHE SOG:ランパードS左下                              GOAL★BLA 0-1 CHE
  50  BLA       :右クロス→                                              DFクリア(CK)
  51  BLA S    :右CK:→ペデルセンS                                  枠上
  52  BLA S    :サベージ中MS                                          DFブロック
  53  BLA       :ベントリー右クロス                                      GKキャッチ
  54  CHE       :GKフィード→カルーS                                  枠右
  55  BLA SOG:エマートン右クロス→マッカーシー中TS                ☆GKセーブ
  56  CHE 交代1:カルー(OUT)、ドログバ(IN)
  59  CHE       :ドログバ右スルーP→ランパード                          GKキャッチ
  60  CHE       :ブリッジ左クロス                                        DFクリア
  62  CHE       :ドログバ→シェバ左クロス→エッシェン                    あわず
  64  BLA S    :左ミドルS                                              枠上
  66  CHE ▲YC:マケレレ、相手を掴む                            カード▲マケレレ
  68  BLA       :左クロス                                                ボールデッド
  69  BLA 交代1:ペデルセン(OUT)、キャラガー(IN)
  73  BLA       :左FK:→                                              GKセーブ(CK)
  74  BLA S    :右CK:→オーイヤー中HS                              枠上
  75  CHE S    :シェバ→ランパード右S                                  DFブロック
  75  BLA       :ギャラガー左→                                          GKクリア
  77  BLA       :ギャラガー左クロス                                      GKキャッチ
  78  BLA S    :ニール左ミドルS                                        枠右
  81  CHE SOG:エッシェン中→ドログバ中ドリブルS            GOAL★BLA 0-2 CHE
  83  CHE 交代2:シェバ(OUT)、SWP(IN)
  84  BLA S    :中FK:リードS                                      ※GKセーブ(CK)
  84  BLA S    :ベントリー左ミドルS                                    枠左
  89  CHE 交代3:マケレレ(OUT)、ミケル(IN)
  +1  CHE S    :中FK:ランパードS                                    GKキャッチ
  +4  BLA       :ベントリー左クロス→オーイヤー                          DFクリア(CK)

●試合結果
    ブラックバーン 0 - 2 チェルシー   Att: 19398

●後半コメント
    ブラックバーンの序盤の健闘は、後半開始直後のオーイエーの不用意なファールで
  台無しになった。1点でもリードしてしまえばチェルシーのもの。適度に相手に
  攻めさせて、カウンターを狙う理想的な展開で追加点をあげて勝利を収めた。
    ただ、特に中盤の組織的なプレスと、攻撃時のパス回しにおいてまだまだ課題が
  残る。バラックとランパードが互いの良さを消し合い、シェバは何度か個の力で
  シュートに持ち込んだものの、カルーはほとんど仕事が出来なかった。ロッベン、
  コールが復帰した場合、去年までの3トップシステムに戻した方がいいように
  見えた。
    ブラックバーンに関しては前半のいい形でボールが回せていたときにもう少し
  リスクを犯して攻めに出なかったことが、結果論ではあるが悔やまれる。後半、
  先制を許してからは残念ながらノーチャンスだった。

|

« [PREMERA Div. 06/07] 第01節結果 | トップページ | [Transfers] ケジュマン、フェネルバフチェへ移籍 »

football(06/07 アーカイブ)」カテゴリの記事