« [キリンチャレンジカップ2006] 日本 v Tトバゴ 予想スタメン | トップページ | 昨日のお仕事(デモもストライキも…) »

2006/08/09

[キリンチャレンジカップ2006] 日本 v Tトバゴ

●スタジアム
  国立スタジアム 東京    気温:27.5度 湿度:75%

●スタメン

            10 田中  9 我那覇

            3 サントス    14 山瀬   

            15 鈴木   13 長谷部

    5 駒野  2 坪井 4 トゥーリオ  7 田中隼

                1 川口

●試合展開(前半) ★GOAL ☆決定機 ※チャンス
  01  JPN    :山瀬→ガナハ、                                          あわず
  04  JPN S    :田中達右ミドルS                                        枠左
  07  JPN S    :田中達右クロス→我那覇中S                              DFブロック
  11  JPN       :左FK:山瀬→坪井右                                    あわず
  17  JPN SOG:右FK:サントスS                                    ★GOAL(1-0)
  17  JPN       :オシム、ガッツポーズ
  19  JPN       :サントス左スルーP→田中達                            ※あわず
  21  TRI S    :右FK:→GKセーブ                                    ファール
  22  JPN SOG:駒野→サントス中1対1LS                            ★GOAL(2-0)
  27  JPN       :長谷部右クロス→                                        GKキャッチ
  28  JPN       :山瀬右スルーP→田中隼                                  DFクリア
  28  TRI S    :中ミドルS                                              枠上
  29  JPN       :田中隼右クロス→山瀬                                    DFクリア
  31  TRI       :右クロス                                                GKキャッチ
  32  JPN       :左→駒野左ドリブル、クロス                            ※GKキャッチ
  34  TRI S    :ワイズ左ドリブルS                                      DFブロック(CK)
  39  JPN       :田中隼右クロス→我那覇                                  あわず
  40  TRI       :右ドリブル→                                            あわず
  45  JPN SOG:我那覇右TS                                          ※DFブロック(CK)
  +1  JPN S    :右CK:サントス→トゥーリオ中HS                      枠上

●前半総括
    結果としては2ゴール、それ以上にSBや2列目からの効果的な飛び出しで相手を
  翻弄した序盤の動きの良さが印象に残った。時間が経つにつれて相手がラインを下げて
  守備重視の布陣を取ったため、スペースが無くなって遅効に頼るシーンも目立ったが、
  それでも45分の我那覇のシュートや32分の駒野のドリブルなど、飛び出しからチャンスを
  作るシーンを作った。
    日本のほぼ一方的な展開ということで守備に関しては、見るべき点は無し。ただ中盤は
  通常の展開では鈴木ともう一人が残り、SBのオーバーラップ時には中盤の誰かがカバーに
  入るなど、最低限の約束事は確立されている様子。とりあえず前半に関しては久しぶりに
  ワクワクするような代表の試合を見せてもらったというのが正直な感想。

●監督の言葉
 悪くはないがボール回しに改善の余地有り。終盤相手にボールを回させすぎ。
 相手はやり方を変えてくるので様子を見ていくこと。2点目のようなプレイをしよう。

●試合展開(後半)
  49  JPN    :フィード→田中達落→サントス中スルーP→我那覇          オフサイド
  51  JPN       :田中達→長谷部→山瀬                                  ※あわず
  54  JPN       :サントス→駒野左クロス                                  DFブロック(CK)
  55  TRI       :中FK→                                              ※GKキャッチ
  56  JPN 交代1:山瀬(OUT)、小林(IN)
  58  JPN       :田中隼右→田中達右S                                  ※DFブロック
  61  JPN 交代2:坪井(OUT)、栗原(IN)
  63  JPN S    :小林中ドリブルMS                                      枠左
  66  JPN 交代3:我那覇(OUT)、佐藤(IN)
  69  JPN       :佐藤左クロス→田中達                                    DFブロック
  72  TRI S    :右ミドルS                                              枠上
  74  JPN 交代4:長谷部(OUT)、中村(IN)
  77  TRI       :右FK:→中                                          ※S出来ず
  78  JPN SOG:佐藤→サントス→中村中MS                            ※GKセーブ
  78  JPN S    :こぼれ→佐藤左S                                      ※GKセーブ(CK)
  82  JPN       :フィード→田中達→佐藤→                                GKキャッチ
  83  TRI       :左クロス→中                                            DFクリア(CK)
  86  JPN 交代5:サントス(OUT)、坂田(IN)
  +3  JPN S    :中村中ミドルS                                        ※枠左

●試合結果
  日本 2 - 0 Tトバゴ

●後半総括
   結果に関しては流れの中からゴールを決めることが出来た事と、新メンバーが
  多い中の若いメンバーが勝利できたという以外の意味はない。それよりも、後半に
  運動量が落ちて、相手のドリブル突破やサイド攻撃からチャンスを作られていた事、
  こぼれ球に対する対応が後手を踏んでしまったことが今後の課題。ただ、準備期間
  3日の中で守備組織を整えろと言うのも酷な話だけに今後に期待と言うことか。
   攻撃に関しても、ダイレクトパスがうまく繋がったのは、長谷部、サントス、
  鈴木、田中達の浦和勢、山瀬、田中隼の同チームのグループを中心としたコンビ
  プレーがうまくいったからという面が強いため手放しでは喜ぶことは出来ない。
  ただ、3日で出来ることをしっかりとこなした監督の手腕は評価してよい。前任者と
  比べればどんな監督でも問題なしに見えてしまうのは確かだが、それを差し引いても
  期待を持てる試合内容だったと言える。

オシム監督コメント抜粋
  ・今日の満員のスタンドを見て、この人たちを失望させてはいけないとあらためて感じた。
    ・選手たちが十分に走る力を持っている間は十分な試合ができ、3日間ではできるとは
      思えないようなコンビネーションもとれた。
    ・今日出場した選手の中には90分間、走ることができない選手がいた。
    ・コンビネーションの問題で言えば、短期間でそれを解消する最も簡単な方法ということで、
      同じJリーグのチームからグループで選手を選んだ
    ・うれしい誤算とは、さっきも言ったとおりスタジアムが満員だったこと。

|

« [キリンチャレンジカップ2006] 日本 v Tトバゴ 予想スタメン | トップページ | 昨日のお仕事(デモもストライキも…) »

football(日本代表)」カテゴリの記事