« [CL06/07] ミランの出場可否、2日に発表 | トップページ | [NEWS] 超執刀カドゥケウスNEO (仮題) »

2006/07/31

[さいたまCカップ] レッズ v バイエルン

 W杯組の方がコンディションいいのはバカンス明けで疲労が少ない
からなのかね~。純粋に若いってのもありそうだが(笑)

●スタジアム
    埼玉スタジアム2002 さいたま   観客:29019人
    天候:曇り 気温:23.4度 湿度:69%

●スタメン

                11 ポドルスキ     10 マカーイ    

                        19 ドスサントス

      31 シュバ                       23 ハーグリーブス

                        39 オットレ

  21 ラーム   6 デミチェリス    5 ファンブイテン    20 サリハミジッチ

                        1 カーン

    サブ:
      22 レンシング 7 ショル 36 フェルストナー 8 カリミ 24 サンタクルス

●イベント
  07  BAY S    :右FK:デミチェリス中BS                          ※枠左
  08  BAY S    :ハーグリーブス中MS                                  枠左
  12  BAY S    :シュバ中→ポドルスキ中TS                            DFブロック(CK)
  13  URA SOG:小野中ドリブルS                                    ※左ポスト
  14  BAY       :マカーイ左クロス→サントス中落                        あわず
  16  ---       :オシム監督スタンドに(しらんかった)
  18  BAY SOG:ハーグ右クロス→                                      GKキャッチ
  19  BAY       :サリハミジッチ右クロス→                              DFクリア(CK)
  20  BAY SOG:シュバ左CK:→ファンブイテン中HS                  GKキャッチ
  22  URA S    :サントス左クロス→山田中HS                        ※枠左
  25  BAY S    :ラーム左→シュバ→マカーイ中MS                      枠左
  27  URA       :岡野右ドリブル                                        DFクリア(CK)
  27  URA       :サントス右CK→                                      GKキャッチ
  28  BAY       :ハーグリーブス右クロス→                              DFクリア(CK)
  29  BAY S    :右FK:ハーグリーブス→ポドルスキ中HS            ※枠上
  31  URA SOG:C→黒部中MS                                        GKキャッチ
  31  BAY SOG:右クロス→マカーイ左BS                            ☆GKセーブ(CK)
  32  BAY       :カリミ、レンシング、サンタクルス、ショルがアップ開始
  35  BAY       :左CK:シュバ→                                      DFクリア(CK)
  36  BAY S    :ハーグ右クロス→オットル中HS                        DFクリア
  36  BAY S    :ハーグ右クロス→オットレ中スルー→ポド中S            DFブロック
  37  BAY       :ハーグ右クロス→マカーイ左ドリブルS                  枠右
  37  BAY       :デミチェリス、黒部と接触して右足ふくらはぎを痛める→治療後復帰
  38  BAY       :GK:カーン→バンビュイテン・エリア内で触る→ゴール  やり直し
  39  BAY S    :シュバ中MS                                          DFブロック(CK)
  40  BAY S    :シュバ中ミドルS                                      DFブロック
  44  URA SOG:中FK:サントスS                                    GKキャッチ
  +1  BAY       :ハーグ右クロス                                        あわず
  +2  BAY S    :ラーム中MS                                          枠右

●前半総括

選手毎一言
  ・左サイドのラーム&シェバのコンビは及第点。何度か左サイドからの形を作っていた
  ・右サイドはハーグリーブスは何度かクロスをあげていたものの、サリハミジッチとのコンビはいまいち
      →どちらも本職ではないし…
  ・ボランチのオットレは守備機会が少ないこともあり特に問題なし
  ・トップ下のドスサントスは居場所無く攻撃に絡めず
      →チーム内での役割がぼけている
  ・マカーイはシュート2本ながらそれ以外の時間は消えていた
  ・ポドルスキはシュート3本。移籍後初試合であることを考えると悪くないか。
  ・ファンブイテンは高さとラインCで目立ったが小野のSなどドリブルの対応が課題か
  ・デミチェリスはなれないCBを無難にこなしていたが、怪我が心配。
  ・カーンは少ない守備機会をそつなくこなした
チームに対して
  シュート数はバイエルン優勢ながら枠内シュートと決定機ではほぼ互角。ただ、
  試合を優勢に進めていたバイエルンがゴールを割れないのはイヤな流れではある。
  一方、相手の攻めを許しながらカウンターから小野が決定的なシュートを放つなど、
  浦和も守備一辺倒ではない展開。

●後半スタメン(54分以降)

                24 サンタクルス   11 ポドルスキ

      31 シュバ             8 ショル        8 カリミ

                        23 ハーグリーブス

  21 ラーム     5 ファンブイテン    39 オットレ   36 フェルストナー

                        1 カーン

●試合展開(後半)
    46  BAY 交代1:カーン(OUT)、レンシング(IN)
    46 BAY 交代2:デミチェリス(OUT)、カリミ(IN)
    46 BAY 交代3:ドスサントス(OUT)、ショル(IN)
    46 BAY 交代4:マカーイ(OUT)、サンタクルス(IN)
    46  URA 交代1:都築(OUT)、山岸(IN)
    46 URA 交代2:小野(OUT)、相馬(IN)
    46 URA 交代3:鈴木(OUT)、西澤(IN)
    47  BAY S    :左FK:ショルS→DFR                            ※枠左(CK)
    48  BAY       :左CK:シュバ→                                      GKキャッチ
    53  BAY SOG:ハーグリーブス左ドリブルS                            GKキャッチ
    54 BAY 交代5:サリハミジッチ(OUT)、フェルストナー(IN)
    54  BAY       :岡野右クロス→黒部                                    DFクリア
    54  URA       :相馬左クロス→岡野右                                  S出来ず
    57  BAY SOG:中FK:ハーグリーブス→ポドルスキ中HS            ☆GKセーブ(CK)
    59  URA SOG:西澤中ミドルS                                        GKキャッチ
    62  URA       :岡野右クロス                                          ボールデッド
    63  BAY       :サンタ左クロス→ポドルスキ                            あわず
    64  BAY       :ラーム左ドリブル、                                    DFブロック(CK)
    64  URA 交代4:ネネ(OUT)、近藤(IN)
    65  URA       :C→サントス中ドリブル、パス                          DFカット
    65 URA 交代5:坪井(OUT)、平川(IN)
    69  BAY ▲YC:カリミ、相馬を倒す                                  ▲YC(カリミ)
    72  URA       :サントス右クロス                                      DFクリア
    73  BAY       :ラーム左クロス→ポドルスキ                            オフサイド
    74  URA       :相馬左ドリブル                                        S出来ず
    75  URA SOG:相馬左クロス→近藤中HS                              GKキャッチ
    77  BAY       :C→ショル→ポドルスキ                                DFカット
    80  URA S    :相馬中ミドルS                                        枠左
    81  BAY       :カリミ→ポドルスキ                                    あわず
    83  BAY SOG:シュバ中ミドルS                                    ☆GKセーブ
    84  URA SOG:サントス左ドリブル、クロス                          ☆GKセーブ(CK)
    85  URA       :サントス右クロス                                      DFブロック(CK)
    85  URA       :右CK:→黒部                                      ※DFクリア(CK)
    88  BAY       :ラーム左クロス→                                      DFクリア(CK)
    89  URA SOG:岡野右クロス→黒部中HS                            ★GOAL(1-0)
    +1  URA ▲YC:山田、カリミにタックル                              ▲カード(山田)

●スタッツ(レッズ公式サイトより)
                  S SOG  GK  CK   F
        レッズ    9       9   4  20
    バイエルン   14       7  13  10

●試合結果
    浦和レッドダイヤモンズ 1 - 0(0 - 0) FCバイエルン・ミュンヘン

●後半総括
選手毎コメント
  ・オットレは黒部をフリーにするまではそつなくこなしていた。ただ、カウンターへの
    対応等に課題は残るか。ボランチならばサブ的には仕えるはず
  ・フェルストナーはいい勉強になったはず。レギュラーは苦しい
  ・サンタクルスは左に流れる場面が目立った。エリア内では全く仕事が出来ず
  ・カリミは相馬の突破のケアでほとんど攻撃に絡めず。今年もサブ濃厚か
  ・ファンブイテンはDFリーダとして及第。おそらくルシオとコンビを組むはず
  ・チーム全体的に終盤は息切れ。開幕までにコンディションが整うか?
  ・ハーグリーブスの運動量はさすが。デミチェリスとのDMF争いを一歩リードか
  ・ポドルスキは他メンバーとの連携が課題。それが向上すればゴール量産の可能性大
チームに対して
  終盤、チーム全体の運動量が落ちたのは遠征を考えるとやむ無しか。ただ、序盤の
  チャンスを生かせなかったことが終盤の逆転負けに繋がった。バラックという攻撃
  リーダーを失った穴が全く埋められていないのが気になるところ。カリミ、サントスに
  バラックの替わりを求めるのは酷、むしろシュバインシュタイガーをトップ下で使う
  ような思い切った策がないと苦戦は必至だろう。

●コメント(ギド ブッフバルト監督)

 今日の試合、日程的にはお互いにそれほどいい日程ではなかったのだが、その代わり試合内容としては非常におもしろい試合だった。
 レッズとしては、14日間で4試合という試合が終ったばっかりで、しかも休みがなかった中で試合をしなければいけなかったという事で何人か別の選手を使わなければいけなかった。本当にまず最初に言わなければいけなかった事は、バイエルン・ミュンヘンがあれだけのメンバーを揃えてこのさいたまシティカップに来てくれたという事には、本当に感謝したい。
 今日の試合を振り返って、前半はお互いにかなり拮抗した試合だった。両チームにチャンスがあって、両チームとも得点してもおかしくなかった。そんな中でもお互いに流れのある攻撃というのが見られた。その後、中盤が少し空いてしまったという事があったが、それは、レッズは土曜日に試合をしたばかりだという事、バイエルンの方は、昨日来日したばかりだという事が大きな原因だと思う。後半に入って、我々の方がちょっと体力的にも有利な状況になってああいう形になったのだが、最終的に1-0という勝利は妥当な結果だったと思う。
 今日の試合は、ヨーロッパで生中継されたという事で、ヨーロッパ全土で見られたと思うが、そんな中で、私達の試合を見て、日本でもサッカーをやっているんだ、ただ単にやっている訳ではなく、いいサッカーをやっているんだ、日本にもいいリーグがあるんだという事をヨーロッパ中に示したと思うし、バイエルンのようなヨーロッパでもトップクラスのチームに勝ったという事は喜ばしいことだと思う。特にバイエルンの中には、6名から7名、今回のワールドカップに出場した選手たちがいる。3位になったドイツ代表はもちろん、イングランドのハーグリーヴス選手も予選リーグを勝ち抜いて決勝トーナメントに進んだ。そういう選手がいる中で、そういう選手たちがいるチームに対してもああいった試合が出来たという事は非常に良かったと思う。
 我々の選手たちに言ったのだが、疲れというのはあるかもしれない、でもそこで自分達の力を出せば強いということを、今日選手たちはしっかりと示してくれた。あれだけ疲れていても、名前のある選手たちに対して1対1でしかけていって、また1対1を仕掛けられても、しっかりと対応するということが出来ていた。
 今日の午後から、ファンはサッカーを楽しめたと思う。午後には昔のスター選手たちが出た試合があった。今日のバイエルン・ミュンヘンとの試合は、OB戦はバイエルンが勝って、夜の試合は、我々が勝って、1対1のイーブンだと思う。
 もう一度、バイエルン・ミュンヘンの皆様に感謝の言葉を言いたい。本当にわずかな時間の中で、今回日本に来て頂いた。我々はそれに対して深く感謝したいと思うし、今シーズンの活躍を期待したい。

バイエルン公式サイト
    ・試合は東京じゃありません
    ・観客は3万人も入ってません
    ・ゴールを決めたのは岡野じゃありません(笑)

|

« [CL06/07] ミランの出場可否、2日に発表 | トップページ | [NEWS] 超執刀カドゥケウスNEO (仮題) »

football(GER)」カテゴリの記事