« [WC2006]親善試合:セルビアM v ウルグアイ | トップページ | [WC2006] 親善試合:ドイツ v ルクセンブルグ »

2006/05/27

[WC2006]親善試合:スペイン v ロシア

●試合結果
    スペイン 0 - 0 ロシア 詳細   スカパー【解説】羽中田昌【実況】八塚浩

●スタメン

    ★21 ビジャ   ★9 トーレス    11 ガルシア   

             ★18 セスク    16 セナ    

                  ★6 アルベルダ

  12Aロペス  ★5 プジョル    22 イバニェス   15 Sラモス

                  ★1 カシージャス

●試合展開
    14  ESP SOG:ガルシア左ドリブルS                                  ※GKセーブ
    16  RUS       :左ドリブル、エリア内で倒れる                            笛無し
    17  ESP S    :セナ右スルー→トーレス中S                              枠右
    20  ESP SOG:ビジャ中反転S                                        ※GKセーブ
    32  RUS       :左クロス→中BS                                      ☆GKセーブ

●前半コメント
      サイド攻撃が全く見えないのがスペインらしくない。ガルシアは中へ切れ込むし、
    両SBは高いポジションを取るものの、そこへパスが出てこない。中央で無理に
    突っかけてカウンターを食らうシーンが目立った。FW勢に何度かシュート
    チャンスがあったもののゴールに結びつかないのはスペインらしいが、ビジャの
    シュートあたりにゴールの予感はある。

●後半スタメン
            ★21 ビジャ   ★9 トーレス

                    ★7 ラウール

             イニセスタ       シャビ

                  ★ 14 アロンソ

  12Aロペス  ★5 プジョル    22 イバニェス   15 Sラモス

                  ★1 カシージャス

    セナ(OUT)、シャビ(IN)
    セスク(OUT)、イニエスタ(IN)
    Rガルシア(OUT)、ラウール(IN)
    アルベルダ(OUT)、アロンソ(IN)

●試合展開(後半)
    63  ESP S    :C→ラウール中→レジェス左EC→トーレス中HS          枠上
    64  ESP S    :ラウール中DS                                          枠右
    67  ESP S    :ラモス右EC→ラウール中HS                            枠左
    62  ESP 交代5:ビジャ(OUT)、レジェス(IN)
    73  ESP 交代6:ロペス(OUT)、ホアキン(IN)
    74  ESP SOG:レジェス中ミドルS                                    ※GKセーブ
    78  ESP SOG:トーレス中ミドルS                                      GKキャッチ
    80  ESP S    :ラウール中S                                            DFブロック

●コメント
DF/GK
    サイドからのクロスがファーへ流れた場合、相手にフリーでボールを持たせてしまう
    対応のまずさが気になった。Sラモス、Aロペスとも本来ベンチにいるべき選手
    だけにコンビネーションで問題となったのかもしれない。その意味でデルオルノの
    離脱とサルガドの負傷は気になるが。あと、この日は顕在化しなかったが、CBが
    高さに対応可能かも見たいところ。GKに関しては、少ないながらもしっかりセーブし
    特に問題は無し。

MF
    前半は、守備面での問題はさほど見られなかったものの攻撃面での展開に多少不満有り。
    どちらかというとDFが得意なアルベルダとセナが並んでは、効果的な崩しが少なく
    なるのはしょうがない。後半、キープ力があがったもののまだまだコンビネーションで
    課題が残る。また、この日は顕在化しなかったものの、シャビorアロンソをDMFに
    配置した場合、守備面で不安が出てくるのはやむを得ない。

FW
    決定的なシュートこそなかったものの、ラウールが攻撃の起点となってシュートが
    増えたのは確か。ただGKを脅かすシュートがなかったのがいかにも悪いときの
    スペインらしい。中盤を替えてホアキン、レジェスを投入したことで多少サイド攻撃の
    意識はあがったが、効果的なシーンはさほど増えなかったのが今後の課題。後半の
    セットで攻撃力が上がるのは確かだが、それで守備がどうなるのか、など見極めるべき
    点は多い。

|

« [WC2006]親善試合:セルビアM v ウルグアイ | トップページ | [WC2006] 親善試合:ドイツ v ルクセンブルグ »

football(ワールドカップ )」カテゴリの記事