« [WC2006]UKR: セルゲイ・フョードロフ離脱、オレクサンドル・ヤツェンコ招集 | トップページ | [ENG] カルー、チェルシーへ移籍 »

2006/05/30

[WC2006]親善試合:ドイツ v 日本

●試合の見所
    1)レーマンとDFラインのコンビネーション
    2)敏捷性に対するDFの対応
    3)負傷明けのバラックの出来
    4)バラックとボロウスキーの両立はあるか?
    5)メルテザッカーとフート、どっちがまし?

●スタメン

・ドイツ

                      ポドルスキー      クローゼ

              シュバ          バラック          ボロウスキー

                              フリングス

      ヤンセン      メッチェルダー      メルテザッカー    シュナイダー

                              レーマン

・日本 
    省略。だってオーストラリア戦の予定スタメン通りだし(笑)

●試合展開(前半)
    08  JPN S  :タカハラ中反転S                                      枠左
    14  JPN SOG:ヤナ中キープ→ナカタ左S                            ☆GKセーブ
    17  JPN S    :C→中村→ヤナ中S                                    GKキャッチ
    18  JPN       :サントス左クロス→タカ中H→                          DFクリア
    21  JPN       :サントス左クロス→カヂ                                DFクリア(CK)
    22  GER S    :バラック右S                                          DFクリア(CK)
    24  GER S    :クローゼ中S                                          枠上
    26  GER       :シュナイダー右クロス→バラック中                      S出来ず
    ??  GER       :クローゼ右クロス→ポドルスキ                          DFクリア(CK)
    35  JPN       :カヂ、シュバの後方タックルを受けて倒れる             
    41  JPN SOG:FK:→こぼれ→中澤中S                              GKキャッチ
    42  GER S    :クローゼ右クロス→シュナイダー中S                    DFブロック(CK)
    +1  GER S    :ポドルスキ左ドリブルS                              ※GKセーブ

○前半コメント
      双方とも、攻撃の形を作りつつ、最後のシュートを決めることが出来なかった。
    日本は序盤に2列目から飛び出すシーンでチャンスを作ったが、時間が経つにつれ
    防御一方になった。流れの中から攻撃の形を作れているのは予想外。ただ、それ以上に
    ドイツに攻撃の形を作られているのが気になる。1対1で劣勢なことと、ボールを
    意識するあまり、ゴール前で選手をフリーにする対応が何度かあったのが気になった。
    また、2列目からの飛び込みを押さえ切れていないのも予想通り。

○試合展開(後半)
    51  JPN    :コマノ右クロス→タカハラ                                GKキャッチ
    53  JPN S    :C→サントス→タカ左→ヤナ右S                        ※DFブロック
    55  GER 交代1:メッチェルダー(OUT)、ロボトニー(IN)
    56  JPN SOG:C→ナカムラ→ヤナ→タカハラ、1対1S                ★GOAL(0-1)
    63  GER       :左FK:→クローゼ中HS                                枠右
    63  GER 交代2:ボロウスキー(OUT)、オドンコール(IN)
    65  GER SOG:タカ右ドリブルS                                      ★GOAL(0-2)
    70  GER 交代3:ポドルスキー(OUT)、ノイビル(IN)
    71  GER SOG:左FK:シュバ→クローゼ中S                          ★GOAL(1-2)
    78  JPN 交代1:タカハラ(OUT)、大黒(IN)
    80  GER SOG:右FK:シュナイダー→シュバ中HS                    ★GOAL(2-2)
    81  JPN       :ナカムラ右クロス→ナカタ中返し→大黒中S              ※GKセーブ

○試合結果

    ドイツ 2 - 2 日本     詳細http://fifaworldcup.yahoo.com/06/en/w/sc/detail.html?id=2595576&year=2006&month=5&day=30

●ドイツ寸評

・FW
    何度かゴール前で決定機を迎えつつもGKの好守に阻まれた。敗戦濃厚の試合だったが、
    セットプレーからゴールを決めたクローゼはさすが。ただし、上位を狙うためには
    正直力不足か。

・MF
    バラックの出来は本調子からはほど遠くシュートがずれまくっていたのが気がかり。
    シュバは若さを見せて荒いプレーに終始し、ボロウスキはほとんど持ち味を出せず。
    それでも攻撃ではパス回しやサイド突破から何度もチャンスを作った。

・DF/GK
    レーマンは悪くなかったが、DFラインが日本の素早いパス回しに全くついて
    行けなかった。高さではそこそこ対応出来たとしても、速さへの対応が出来ていない
    のは致命的。

●日本寸評

  FW
    ようやく高原の調子が戻ってきた感じだが、それ以外のFWのシュートがきまらな
    かったのが心配。特に柳沢と大黒には決定機があっただけに、ゴールを決めて流れに
    乗りたかったところ。

  MF
    ゴールシーンでのコンビネーションこそ見事だったが、終始押される展開に四苦八苦。
    結果として流れからのゴールとはならなかったものの、ポゼッションで優位に立てず
    何度か決定機を与えたのは問題か。3バックにしたことでサイド突破がやりやすく
    なったのは確かだろう。

  DF/GK
    川口の好守がなければ大量失点もあり得た展開。特に終盤の2失点はお粗末としか
    いいようがない。早急なセットプレイディフェンスの見直しが必要。

|

« [WC2006]UKR: セルゲイ・フョードロフ離脱、オレクサンドル・ヤツェンコ招集 | トップページ | [ENG] カルー、チェルシーへ移籍 »

football(ワールドカップ )」カテゴリの記事