« [REPORT] 「おくさまは女子高生」第1巻発売記念トーク&ライブ&抽選会 at 石丸ソフト1 | トップページ | [DVD] 灼眼のシャナ 紹介 »

2005/11/13

[REPORT] 「おくさまは女子高生」第1巻発売イベント at ヤマギワ

○イベント情報

タイトル
  「おくさまは女子高生」第1巻発売記念トーク&ライブ&抽選会
日時
  2005/11/13  18:00 - 19:00

場所
  ヤマギワソフト館 7F

○出演者
 川澄綾子  ■川:
 遠藤綾   ■遠:
 河原木志穂 ■河:

0)開演前

 今回は事前に入場順がわかっているため、まったりとのんびり時間を待つ。19番目に
並んでエスカレータを使って最後が非常階段からイベントスペースへ。2列目のほぼ
中央の席で開演時間を待つ。

1)登場&自己紹介

 時間少し前に司会の遠藤さんが登場。マイクの調子がいまいちで音声チェックで
ドタバタ。それでもお約束の挨拶の後、拍手の練習なしに出演者を呼ぶ。確かに
3回目なんですけど、でも1回目の人もいるはずなんですけど(笑)

 司「まずは自己紹介を、河原木さんから」
 河「さとみ役の河原木志穂です。どうもありがとうございます」
 司「続いて川澄さん」
 川「麻美役の川澄綾子です。よろしくお願いします」
 司「続いて遠藤さん」
 遠「かすみ役の遠藤愛です。よろしくお願いします」

ここで、突然どぎまぎする司会者

 司「な、なんですか、僕の顔に何かついてますか?」
 川「何もないです。被害妄想です!」

色々な意味で先が思いやられます(笑)
ここで、今日3軒目というお話。

 河「3軒目と言うことでほどよくおかしいテンションで、しっぽりといい感じに
 なってるような気がします」
 遠「今日3回目なんですけど、初めての方いらっしゃいますか?」

パラパラと手が上がる会場

 川「駄目だよ~、ウソとかは!」

確かにそうかもしれませんが、冷静に考えると、そのセリフこそ何かおかしい気がするんですが(笑)

2)女子校時代

 司「どんな女子高生でしたか、まずは川澄さんから」
 川「わ、わたし? あ~、あ~と、え~と、普通に学校に通ってまあ、普通の女子高生
  でした。とりたててすてきな思い出とかなく、淡々と。旦那様もいず、先生も好きに
  ならず…」

なんか暗くなるような話

 川「ところで、スカートの下にジャージ履いてた?」
 河「あたし履いてた」
 川「寒いから?」
 河「足、広げたいから」
 司「ひょっとして今も辛いですか?」
 河「今もつらいです」

こういいながら足を閉じてみせる河原木さん

 川「私はしなかったな~」
 河「あと、下にも座りたいですし」
 川「最近、ミニスカートとか履いてみたんだけど寒かった! 地球温暖化とかで
  暖かくなってるのに。(麻美のポスターを見ながら)ここまでじゃなかったん
  だけど、ミニスカートにルーズスカートとか履いてて、よく平気だったなぁと。
  寒さが身にしみるようになって、なんでかな~って。昔は暖かかったのに」
 河「むかしは!」
 川「昔は(登校の時とか)氷とか張ってて寒かったのにね。まあ、今はそんな
  時間に起きないってのもあるんでしょうが」
 司「川澄さんもミニスカート履いてたんですか?」
 川「ミニでした。(ひざのところで)こう短い裾を折り曲げてね」
 河「裾を切って自分で縫ったりしてね」
 川「私はしなかったな~。もともと短い設定だったし」
 司「川澄さんのミニスカートは想像できませんね」
 川「ええっ!」
 河「今は寒いもんね~」
 河「そう。だから寒さに負けない女子高生でした」

3)女子高時代

 司「遠藤さんはどうでしたか?」
 遠「私はすごいいい子でした。先輩に嫌われないように、嫌われないように」
 司「ちなみに川澄さんは?」
 川「私は、中学校の頃、目を付けられて…。『何にらんでんだよ』『にらんでません!』
  みたいな感じで」
 司「そういいながら目がにらんでいるわけですよね」
 川「違いますって!」
 遠「女子校だから先輩とかが怖くて」
 川「部活とかは?」
 遠「先輩が怖くて部活動には入れませんでした」

それって、なんか違う気もするんですけど…

 司「河原木さんは、そのころから不倫でした?」
 河「そんなことないです!」
 川「ひどい、もっと言った方がいいよ!」
 河「退場!」

と出入り口の方を指さす河原木さん。まあ、実際に退場したりはしなかったんですが、
さすが「愛人キャラ」です。とかわざと書いてみる。

 河「私はとにかく学校に行くのが好きで、友達や先生が大好きで、未だに学校に行ったり
  するんです」
 川「え~、なんで、何しに?」
 河「OB会っていうかそんなのがあって、私それに積極的に参加してるのでよく学校に
  いったりするの」
 川「中高一貫だっけ?」
 河「そう中高一貫で6年行ってたんで。今でも先生にメール書いたりするし。旅行に
  行ってきましたとか」
 川「先生のメールアドレスとか知らないし、知りたいとも思わないな~」

また、さらっとすごいことを言う(笑)

4)市丸先生について

 司「市丸先生についてどう思いましたか?」
 河「あり得ない感じ。アニメの中で、麻美がご飯作るシーンとかあったじゃないですか。
 (高校時代の頃)そんな気力ありました?」
 川「うん」
 河「そうなのぉ!?」
 川「燃えてなかったから…」
 司「どこでエネルギー使ったんですか。ストレス発散したりとかは?」
 川「しなかった。省エネで過ごしていたので。子羊のように…」

ずいぶん鋭そうな子羊だ(笑)

 川「私的には先生と生徒が結婚してもいいとは思うが、なぜ待てない! そんなに
  急いで結婚することはないし見極めなきゃ! 設定がわからない」

それって作者への駄目だし…?

 遠「私はアリだと思う。自分はそういうのは無かったけど。かっこいい先生とか
  いなかったし」
 司「近くの男子校とかにかっこいい子はいなかったですか?」
 遠「いたんですけど、結婚とかはまでは考えが至らないと言うか…」
 川「見極めないとね」
 河「若いから勢いでね~」
 川「こう、失われつつある勢いっていうんですか」

5)ああっ旦那様!

 司「旦那様としての恭介はどう思いますか?」
 3「う~~~ん」
 川「やさしいっていうのは間違い。優柔不断なだけだと思う」
 河「いいこと言ってます。岩崎先生とかにバシッと言って欲しい」
 川「岩崎先生と二人でファミレスとかに行って、どうしよう…、じゃないっての!」

と、徹底的に駄目出しをする川澄さん。自分のことになると

 司「川澄さんは強い人の方が好きですか?」
 川「私は俺様系の方がいい感じ。俺様な人に尽くしたい」
 河「一方通行みたいな?」
 川「それは違う!」

そういうこと言うから「愛人キャラ」とか言われる気がする。

 川「強いものを求めると言うか、『どうしよう』よりも、『こうしなさい!』の
  方が好き」
 司「遠藤さんはどうですか、やっぱり俺様な方が好きですか?」
 河「そうでもないよね~?」
 遠「でも、引っ張ってくれる人の方が嬉しい。市丸先生みたいに世間知らずなのは
  ちょっと…」
 川「マザコンっぽいのは?」
 遠「そういうのはヤダ!」
 川「やっぱり社会生活も仕事もしたうえでね、仕事はやっぱり重要ですよ」

いや、それ2軒目のネタですから(笑)

 川「あのエピソードで坂本先生は掃除も洗濯もしないってのがばれてしまってね。
  がっかりした」

6)ああっ旦那様 まだまだ

 司「皆さんに取って理想の旦那様は?」
 川「仕事してること。理想が高いんだか低いんだか(笑) あと、九州男児が好き」
 河「私は(九州男児は)駄目かも。最初はいいけど、そのうち『うるさい!』とかって
  感じで」
 川「私は好き。おかずを一品多く作りそう」
 司「遠藤さんは?」
 遠「たくましい人が好き。格闘技やってるっぽいような」
 川「私も格闘技好き!」
 河「私はあまり格闘技は好きじゃないかな。一応プライドとかは見るけど、あまり
  好きじゃない」
 川「二人で歩いてて暴漢に襲われたときに、『おまえが何とかしろ』って前に
  押し出されたりすると困る:
 河「最終的にやられてもいいから、前に出て戦って欲しい」
 川「やられる姿を見て、心のどこかで『駄目な人だ』とか思うかもしれないけど」

また、そういうことを言う…

7)好きな人に言われて

 司「好きな人に言われてドキドキする言葉は?」
 河「言葉じゃないんですけど、頭とか触られるとドキドキする。好きな人じゃなくても」
 川「え~、好きな人じゃなければ、『やめてください!』とか言って手をはらったりしない?」
 河「美容院とかで、男の人だと駄目なので、女の人に替えてください とか言います」
 川「そんなにやばいんだ~」
 河「そういうのない?」

多分、というかまず無いと思います。

 司「川澄さんは?」
 川「私も言葉じゃないんですけど、車をバックするときのこの手がいい」

といいながら手を伸ばしてみせる川澄さん。

 遠「そんな人います?」
 川「お父さんとか。いや、お父さんにドキドキするわけじゃないんだけど。でも、
  運転がへたくそなのは駄目。自分が車酔いしてタクシーとかでも気持ち悪くなるので。
  うまいタクシーの運転手は好き」
 司「運転手さん、仕事してますよね」
 河「俺についてこい!って感じで」
 川「まあ、車に乗ってるからついてこいって言われてもね…」
 司「遠藤さんは?」
 遠「私は背中フェチなんです。背中がすごい好き!」

そんな遠藤さんの台詞にたちまち食いつく川澄さん。

 川「私、ここが好き。ここ、このあたり」

手を広げて肩というか肩胛骨というか、その当たりを指す川澄さん。

 川「体の薄い人は嫌い。一反もめんみたいなのは駄目」
 河「塗り壁の方がいいと」
 司「どんなたとえですか!」
 遠「私はがっしりとした人が好き!」
 司「K1選手とかですか?」
 遠「むしろサッカー選手みたいな」

サッカー選手にも色々いるんですけど…

 川「じゃあ、キックボクシングだ、プロレスじゃなくて。私はプロレス!」
 遠「あと、男の人の手が好き。タバコを持っている手とか」
 司「遠藤さんの好きな人が一番イメージ出来ますね。僕の周りにはそんな人はいませんけど」
 遠「いないんだ……」

8)得意料理

 司「皆さんの得意な料理はなんですか、遠藤さんから?」
 遠「どちらかというとチャーハン」
 司「なんですか、そのどちらかというとというのは?」
 遠「この前自分で作って食べてみておいしかったからチャーハン」

自分ではおいしいと思うけど、人に勧めるほどではないかも、というニュアンスのようです。

 司「川澄さんは?」
 川「何でも作りますよ、昨日はささみのしそ梅チーズまきフライ作りましたし」
 司「おいしそうですね。そんな何でも作れる川澄さんの一押しは?」
 川「どっち系?」
 司「和、洋、中と行きましょうか」
 川「和だと、煮物とかよく作りますよ」
 河「別々に煮たりする?」
 川「筑前煮だとそうかも」
 遠「ちくぜんに?」
 川「それ何、って顔してます」
 遠「でも、字はちゃんと書けますよ!」
 司「それはすごいですね。では洋は?」
 川「グラタンとか、ラザニアとか」
 司「よく料理とかする時間がありますね」
 川「趣味がないから、料理をしている時間が無心になれるんです。『ちゃんと作った、
  よし偉いぞ!』って。オンオフの切り替えをする感じです」
 司「河原木さんは…『ボンカレー』ですか?」
 河「なんで!」
 司「こうお湯を暖めたりしてね」
 河「時間加減が難しいのよね~とかいいながら」
 川「箱に書いてあるでしょう」
 河「箱はすぐ捨てちゃうから…」
 川「捨てるの早すぎ!」
 河「まあ、でもそんな感じです」
 川「バレンタインにチョコとかあげたりしなかった?」
 河「小学校の頃は。今はあげたりしないし」
 司「じゃあ、得意料理はチョコレートと言うことで」
 河「お菓子ってことにしといてください」
 川「かわいいね」

9)司会者への駄目だし?

 司「今日の司会について一言。あ、これネタじゃないですよ。ホントに書いてあるんです。
  ますは、遠藤さんから」
 遠「……」
 川「(司会者さんは)きついこというと喜ぶよ」
 遠「ええ、まあ、がんばって、ました…と思います」

非常に歯切れがわるかったのは、セクハラでいじめられたから?

 司「河原木さんは?」
 河「こう、『いいことを言えオーラを激しく感じるんですけど」
 司「そんなことないですよ」
 河「素晴らしいかたで、こう、尊敬してます」

あまりにも説得力なさ過ぎ(笑)

 司「では、最後に川澄さん。ばしっと決めてください」
 川「それはどういう意味ですか。まあ、3日間、ではなく3回もお疲れ様でした」

う~ん、「司会者のセクハラぶりおよび暴走ぶりとかについて一言」とかにしておいた
方が面白かったかな。あまり本音を引き出せる質問になってなかった。まあ、それ以前に
暴走しすぎてネタも尽きたってことなんでしょうけど

10)お歌のコーナー

 そしてプレゼント抽選会へ。ポスターが10名、サイン入り台本が5名。川澄さんが
またもや「お腹の弱い人」を引き当てた以外は、淡々と進みました。
 そしてOPの『Love Love! ChuっChuっ!』を披露。本来川澄さん一人で歌うのですが、
コール部とサビの部分に二人も参加。どうにか無事歌い終わって、

 河「いやいや」
 川「初めて歌いましたよ~」
 司「コール部とか一人で盛り上げて、汗かいちゃいましたよ」
 川「私も汗かいてます。あと、特別バージョンとして『かわいがってね』を3回
  歌いました」

間違いじゃないよ、ということが言いたいのですね。了解です。

 河「コールと振りで参加できて楽しかったです」
 遠「私も歌うとは思ってなかったからとても嬉しいです」

11)最後の挨拶

 司「じゃあ、最後と言うことで皆さんに挨拶を」

ここで『え~~』の声。

 河「みんなわかってきたって感じだよね(笑)」
 司「まずは、遠藤さんから」
 遠「今日は3回もイベントがあって、とても楽しかったです。また関西の方でも
  ありますので、是非来てください。あと、DVDもたくさん出るみたいなので
  買ってください」
 司「私は言わせてませんよ、こんな可愛い子に。では続いて河原木さん」
 河「今日は朝から夜まで楽しく過ごすことが出来ました。最初聞いたときは1時間は
  長いと思ったけど、実際にやってみるとすごく楽しくてやり足りないかなと」
 司「いえ、今日はこれ以上は用意していませんので」
 河「今後ともどこかであえると嬉しいので、作品を愛して末永く応援してください」
 司「では、最後に川澄さん」
 川「3カ所来てくださった皆さんありがとう。とても可愛い女の子が出てくる作品
  なので、がんばってDVDをお買いあげください。あ、財布に余裕があれば。
  なんか宣伝しまくりですが、いつまでも麻美を愛し続けてやってください」

などの挨拶とともに皆さん退場。休憩、移動を含めて6時間ものイベントは、
どうにか無事終了。まあ、イベント時間は2時間だったんだけどね(笑)

12)おまけ

 とりあえず、石丸とヤマギワで予約をするのは基本。それは別に言うまでも
ないとして、なぜ、神無月の巫女の全巻を手に持っているんだろう。いや、まあ
それもいいんだけど、ニニンがシノブ伝ファンディスクとか、セラフィムコールの
10話とか…。至る所にトラップのあふれる怖い街だホントに。イベント終了は
19時前だったんだけど、横浜の家についたのは9時過ぎ。空白の時間がかなり
あるけど、まあそんなものなのだろう

13)独り言
  10年近くイベントレポート書いてるけど、怒られたのは初めてだ…(笑)

|

« [REPORT] 「おくさまは女子高生」第1巻発売記念トーク&ライブ&抽選会 at 石丸ソフト1 | トップページ | [DVD] 灼眼のシャナ 紹介 »

イベント/舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [REPORT] 「おくさまは女子高生」第1巻発売イベント at ヤマギワ:

« [REPORT] 「おくさまは女子高生」第1巻発売記念トーク&ライブ&抽選会 at 石丸ソフト1 | トップページ | [DVD] 灼眼のシャナ 紹介 »