« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »

2004年12月

2004/12/22

[DVD] マリア様がみてる~春~ #03

第5話「いつしか年も」

ストーリー
  朝から送辞の予行演習をする山百合会の面々。卒業式に向かう思いも人それぞれ。最後まで気配りモード
 全開な蓉子様に、斜に構える聖様、そして列席する保護者一同を見てため息をつく江利子様。ああ、一人一人
 授与するんだ、。ハーフ対でこちんの幼稚園での戦いもすごいけど、確かに名前で呼び合うなんて生徒手帳
 には書かれてないだろうなぁ。そして送辞のシーンで突然泣き出す祥子様、というAパート。とりあえず
 Bパートへ続く。

  そこで令さんがサポートに入るってのは演出としてすごいなぁ。蓉子様の答辞は、きっとつつがなく終わった
 んだろうな。でも、ふんぞり返って笑うって、聖様ならあるかな。その後フォローはすると思うけど。先生も
 来てくれてよかった。そしてマリア像の前で記念撮影。聖様が最後まで祐巳ちゃんにラブなのはいいとして、
 江利子様が令さんに抱きつきますか…。そして卒業生は「じゃあね」と言う言葉を残して去っていくBパート。
 まあ、色々あったけど、お疲れ様でしたって事で。

次回予告
  ストーリーがシリアスだからって、紅薔薇コンビで漫才に走るのはどうかと思います(笑)

第6話「片手だけつないで」

ストーリー
  春休みを前に、志摩子さんから語られる出会いのストーリー。桜の下でたたずむ聖様って、今にして思うと
 違和感ありまくり。でも、そこで志摩子さんを呼び出す蓉子様と江利子様も人が悪い。しかも「厳正なる抽選で」
 とか言ってるし。誘われて聖様の事を気にするのが志摩子さんらしいな。まあ、聖様も悪い人じゃないから、
 断ることは出来ないんだろうな、というAパート。

  第一印象が栞かと思ったという時点で聖様が冷静さを欠くのはわかるわけで。志摩子さんと似てると言われて
 苦笑せざるをえない聖様。でも、ネコの世話をしている聖様に説教と言うか忠告できるのって、志摩子さん
 ぐらいだろうな。しかし聖様も強引だけど、そんな聖様に志摩子さんは引かれたんです、というBパート。
 今までのフワフワして状況ってのが何となく分かった気になる話ではあります。でも、祥子様を誘導したのは
 やっぱり蓉子さんかな、きっと結果も見越して(笑)

次回予告
  由乃さん、何の予告してるんだか…。こういう難しい話に祐巳ちゃんの出番がないのは当然だけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »